道端ジェシカさんも信じている100%自分原因説というのは嘘か?本当か?

100%自分原因説というと、自分が思っているだけで世界は変わると思って、布団の中で、100万円が欲しいとか、目の前に出てこいとか、そういう魔法のような話ではありません。

これは、脳科学や心理学で説明ができます。
最初に言っておきますが、僕は科学と目に見えないものをバランスよく取り入れることが人生を豊かにするために必要であるという考え方をしています。

心理学とか、脳科学やスピリチュアルな事もすべて必要な事ですよというね、自由な思考です、僕がおすすめしているフリーソートという生き方、考え方の視点でお話させていただきますね

100%自分原因説は嘘か本当か?

まず、100%自分原因説は本当です。この世界に偶然はなくて、必然です
 すべての出来事は偶然ではなくて、あなたの人生に必ず必要な事なんですね。神の力です。

初めての方もいると思いますから、一応言っておきますけど、僕の言っている神というのは、得体のしれない何とも知れない大きな力の事で、特定の宗教とかの話ではないです、 その神の力でこの世界はできているわけですね

すべては、あなたに必要な事しか置きません。あなたの精神の進化に必要な事しか起こらないようになっています。

100%自分の脳が投影したものです。ですから、100%自分原因説は本当です。

ただ、ほとんどの人が、間違った解釈をしているかもしれませんので、教えておきますね。

具体的な行動が大事

まず、布団の中で、ブツブツと思考を巡らせても、目の前に100万円の札束が出てきたりとか、良いパートナーが目の前に現れたりとか
そういう事はありません、具体的な行動も必要です。

具体的な行動をしないという事は原因を作っていないという事といっしょです。

 100%原因説の原因すら作れていないから、何もおこりませんね。当たり前のことです。
 ですから、具体的な行動が大事です。なにか結果を出すなら、原因を作らないといけません。
 そこで、問題になるのが、あなたはすべての原因になれるわけではないという事です。

原因を作る事は出来ますが、あなたが影響を及ぼせる範囲と及ぼせない範囲というのがあります。

例えば、あなたは、近所のスーパーで万引きする事はできると思いますが、銀行の中にあるお金を盗むことはできません。
それと一緒で、100%原因説といっても、この世の全ての原因にあなたはなれないという事です。

もっと、簡単に言うと、自分が出来ない範囲で、原因になろうとしても無駄だからやめておいた方がいいという事です。
話を分かりやすくするために、思考の3つのゾーンの話をします。
あなたの思考には3つつゾーンがあります。

  1. 自分がコントロールできるゾーン
  2. 自分が間接的にコントロールできるゾーン
  3. 自分がコントロールできないゾーン

 

1つ目のゾーン

一つ目の自分がコントロールできるゾーンについてですが、
これは、自分次第で原因を作って、結果を生み出せるゾーンです。

 

たとえば、英語を話そうと思って、英語の勉強を一日3時間を5年間続けたらペラペラになったとか 5か月で5キロ痩せようとして、お酒を控えて、夜6時以降は食べないようにしたら、5キロ痩せたとか そういう自分次第で、どうにでもできるゾーンの事です。

例えば、僕はビジネスの方では、マーケティングとか、コピーライティングとか、広告ビジネスとかをしていますが 独り社長ですから、秘書とか、社員もいません。全部独りでやってますし、職場は部屋です。職場までベットから10秒の距離なんです

自分でスケジュールをたてて、そのとおりに業務をこなすという事を10年以上やっています。
その結果、こうやって、配信する余裕も生まれたし、自由に海外に行きたい時に旅行できるし

みんなが必死に働いているときに、独り昼間に近所の公園で猫を眺めながら日向ぼっこしたりです。
そんな暮らしを手に入れたわけです。それも自分次第でどうにでもできますね、あなたもやろうと思えばできます。

2つ目のゾーン

 2つ目のゾーンはですね、自分が間接的にコントロールできるゾーンの事です。
これは、どういうゾーンかというと、分かりやすいのは、人間関係ですね。

 

自分が間接的に変えたり、変わる原因にはなれますが、相手あってのことですから、自分だけではどうにもなりませんね。
例えば、学校でいじめがあって、あなたは、そのいじめを見るのが嫌だとします。あなたが机の上で、必死にいじめがなくなりますようにと頑張って座っていても何も変わりませんね。
そこは、いすからたって、そのいじめっ子にいじめは良くないからやめろって言ったり、こっそり先生に言いつけたり、保護者に匿名の手紙を書いていじめの事実を知らせたり 独りではなかなかいじめっ子に立ち向かえないから、クラスの良心的な人たちだけで団結して、10人くらいで、2,3人のいじめっ子に全員で注意をするとか そういう具体的な行動をとらないといけません。
でも、そのいじめっ子が変わるか、変わらないかはそのいじめっ子しだいです

 

間接的にどうにでもなるゾーンというのは、そういう事です
後は、家族の問題、恋人の問題、会社の仕事とかですね。

あなたが、間接的に原因を作り、良い結果や悪い結果を生み出せるゾーンの事です。

3つ目のゾーン

3つ目のエリアは、自分ではコントロールできないゾーンです。
例えば、自然災害とか、隕石が降るとか、ですね。ここは自分ではコントロールできないです。

例えば、地震が来て津波が来ると警報が鳴っているときに、海に独りでとことこいって、手をかざすだけで津波が停まるとか、そういう事ができる人はこの動画を見ている人の中にはいないと思います。いたらメールくださいね。
まぁ、冗談はいいんですけど、例えば、自然災害とか、公害とか、謎の隕石とか、絶滅危惧種を救うとか、空から、病気の元が降ってくるケムトレイルとか、水道水の中にフッ素がはいっているからIQが下がっているとか 色々な事を言う方がいますね、

 

殺人事件もあるし、交通事故もあります、過労死もあります、ニュースを見ればいろいろな恐怖のニュースや不幸なニュースがありますね。
全部自分ではどうにもできません。

これが3つ目の自分がコントロールできないゾーンです。
100%自分原因説のこの話の中で僕があなたに何を伝えたいのかというと 僕自身が普段からその通りにしている、僕のメンターの教えとして、「自分で何とかできない事には悩まない」という教えがあります。
1つめの自分がコントロールできるゾーンで悩むのは良い事です。ストレスもあなたの成長する一つのパワーになります。

2つめの、自分が間接的にコントロールできるゾーンになると、例えば、人間関係などで、あなたが悩んでもストレスになるだけで、たまに解決できても、全部解決できるわけではなく
一生悩み続けなければなりませんね、でも、社会で生きているので、ある程度は悩みはしかたありません。でも、全て、解決できるわけないって開き直って、ある程度手放しましょう。

3つめの自分がコントロールできないゾーンに関しては、全部気にしても仕方ないので、悩むだけ無駄です。

先ほども言いましたが、自分で何とかできない事に悩まないというのは、僕のメンターの教えであり、僕も守っている事です。
ですから、たとえば、100年後の隕石に悩んで毎日暗くなってしまったり、自分じゃ解決できない、テレビの恐怖のニュースを朝から聞かされて、暗い気持ちで学校や会社に行ったり また、そういう暗い顔をパートナーに見せたりするだけ無駄なんです。

また、恐怖を煽る人もいます。3つめの自分ではコントロールできないゾーンの事をあなたに悩ませたりする人がいます。
例えば、ケムトレイルで病気になるとか、水の中にフッ素が入っているから、危険だとか言って来る人もいるかもしれません。

そういう、自分じゃどうしようもないゾーンで悩んでも仕方ありませんので、悩むだけ無駄です。悩むだけそんなんですね。
ある程度楽観的に考えることも必要なんです。

100%自分原因説というのは、本当です。ただ、全ての原因に自分がなるわけではないってことです。
例えば、アメリカの大統領と、あなたとでは、作れる原因がかなり違っていると思います。ですから、あなたはアメリカの政治に悩んでストレスを抱える必要はありませんね。

まとめ

自分がコントロールできない事に悩んではいけません。そういう悩みや暗い気持ちが、さらに将来の暗いあなたを引き寄せます。

幸せに生きるには、自分じゃコントロールできない事に悩まないという事が大事です。あなたに恐怖を植え付けて楽しんでいる人に耳を貸す必要はありません。
幸せを引き寄せる波動で生きるためには、自分じゃどうしようもないから、し~らないって感じで、ある程度楽観的に生きていくことが大事です。

それが100%原因になって結果として幸せなあなたを引き寄せます
 

コメントは受け付けていません。