人見知りを10秒で治す方法は自己暗示をかけて第一印象をアップさせること!

今回は、人見知りがあっという間になおる方法、をお伝えしたいと思います。

自分は人見知りだと思っている方は、かなりたくさんいると思うんです。

 

人見知りではなくても、初めて会う人と話すのが苦手っていう方はほとんどだと思います。

私も、人見知りなので、知らない人と話すのがあまり得意ではありません。第一印象は不愛想とか、ぶっきらぼうって思われることもあるんです。

 

この、人見知りの心理というのは、誰の心の中にも存在します。

他人に警戒心を抱き、緊張を感じるというのは、動物的な本能からきていて、その警戒心の量の多い人が人見知りになるんです。

 

第一印象で人生が決まる?

 

アメリカのUCLA大学の心理学者、メラヴィアン博士が発見した「メラヴィアンの法則」によると、初対面の時の第一印象は、最初の6秒くらいで決まるといわれています。

 

つまり、人は出会ってから、あなたをたったの6秒で判断しているということなんです。

6秒というのは、出会って目があって、挨拶をするところまでがだいたい6秒です。

 

そしてこの、第一印象を与えるチャンスは、一人の人と出会うごとに、一回だけしかありません。

 

さらには、はじめについた印象を後から覆すのは、とても大変なことなんです。

 

この第一印象次第で、その後の扱われかたが大きく変わります。

 

第一印象が良ければ、相手はその良い印象を持ってあなたと接します。

第一印象が悪ければ、相手はその悪い印象を持ってあなたと接します。

 

つまり、第一印象によって、あなたを恋愛対象とするか、しないか、あなたが仕事がデキルひとか、デキナイ人か、あなたを採用するか、しないか、
あなたが良い人か、悪い人か、あなたと今後うまくやれそうか、などを判断されてしまうということなんです。

 

ですので、恋愛やビジネスのシーンでチャンスを逃さないためにも、第一印象をよくすることは非常に重要になってきます。

 

面接でも、第一印象で好印象を与える方が、いい結果がうまれますよね。

 

 

実は多くの企業の採用担当は、人物性は、第一印象でほとんど判明すると言っています。

 

人材紹介会社対象に行われた東京ガス都市生活研究所の調査によると、面接では最初の3分間で人物面、意欲などが判断されるという結果がでています。

面接や恋愛、人に紹介される時など、相手に良い第一印象を与えることができるかどうかで、今後のあなたの人生は左右されるんですね。

 

そこで、今回試して頂きたいのが、マインドスクリプトっていう方法になります。

 

人見知りを撃退できるマインドスクリプトとは?

 

まず、誰かと会う前に、その人と会っている場面を、頭の中でしっかりとイメージしてください。

面接なら面接官とあなた、プレゼンならプレゼンを聞いている人たちとあなた、デートなら恋人とあなた、というふうにですね。

そして次に、必ず声に出して、こう言ってみてください。

「相手は私のことが大好きだ。私も相手のことが大好きだ。今日は絶対にすばらしい一日になる。」

絶対にすばらしい一日になる、って言いきってください。

こういうふうにはっきり声にだすことで、自分の脳と心に自己暗示をかけるんです。

そうすると、不思議なことに、会った時に笑顔がつくれるんですよ。

 

第一印象を決める決定要因は、圧倒的に「表情」という結果が得られていますので、自然に笑顔がつくれると印象がかなりアップします。

さらに、気持ちがかるくるので、初めて会う相手でも、リラックスして話すことができるんです。

 

このマインドスクリプトという方法は、影響を受けないことが不可能なほど、強烈な効果があります。

そして、必ずといっていいほど第一印象がよくなります

私も体感済みなんですが、本当に不思議なくらい、効果があります。

 

「相手は私のことが大好きだ。私も相手のことが大好きだ。今日は絶対にすばらしい一日になる。」と、必ず声にだして、気持ちをこめて言うのがポイントです。

 

一方、これと逆で、ネガティブな人っていうのは、マイナスなマインドスクリプトを自分自身にかけてしまっているんですね。

しかも、自分の認識していない、無意識の部分、潜在意識の部分に自己暗示をかけてしまっているんです。

自分は人見知りだから、緊張してうまく話せないに決まっている、とか、どうせ採用されないに決まっている、とか、初めから悪い方悪い方に気持ちが傾いてしまっているんです。

だから初対面の人と会った時に、表情がいつもより暗く、緊張してこわばってしまうんですね。

そうするとせっかくのチャンスを無駄にしてしまうことになりますので、必ずポジティブなマインドスクリプトで自己暗示をかけてからでかけてください。

 

さらに効果をアップさせる鏡の暗示とは?

 

そして更に、より人見知りをなおす効果を大きくしたいのならば、「鏡の暗示」を試すことをおすすめします。

これは、元々はフランスのリンドラーという心理学者が発明した方法で、たくさんの成功者が実践している有名な方法です。

 

やり方は簡単です。さきほどのような自己暗示の宣言を、鏡に映った自分を見つめながら言えばいいんです。

鏡に映った自分の目を見つめながら、大きな声で『私は人見知りは治った!』と言い続けると、鏡を使わないアファメーションよりもさらに効果が大きくなります。

なぜかというと、鏡に映った自分の目を見て大きな声でいうと、心のブロックが効きにくくなるからです。

 

普段、私たちが自分に対して人見知りは治った、とつぶやいても、心の中ではやっぱり治っていないかもしれない、などと、防御する心が働いてしまいます。

これは、他人の言葉に騙されたりしないように備わった防御機能なので、それ自体はよいものなのですが、自己暗示をかけるときには不要です。

そのブロックを外すためにも、鏡に映った自分の目を見つめながら行うのが良いのです。

 

さらに寝る前と起きた直後にやると効果はアップします。
なぜなら、眠くなっているときこそこのブロックが完全に外れて、暗示をそのまま受け入れる状態になっているからです。

 

さぁ、皆さんも第一印象をアップさせるために、初めて人と会う前に、「相手は私のことが大好きだ。私も相手のことが大好きだ。今日は絶対にすばらしい一日になる。」とはっきり声にだし、自己暗示をかけ、いい印象を相手に与えてみてくださいね。

そして、朝晩、鏡に向かって自分の目を見ながら、「人見知りは治った!」と言ってみてください。

 

マインドスクリプトで自己暗示をかけて、第一印象をアップさせる方法で人見知りを治してしまいましょう。

 

コメントは受け付けていません。