ブラック企業の社長が社員をこき使うための洗脳術

思考を柔軟に考える必要があります。「一回行ったことは守れ」というのは、ブラック企業の社長が社員をこき使うための方便です。ある意味洗脳とも言えます。
根本的なところは守る必要はありますが、

表面的なところは変えていく必要があります。
流行りの服や音楽のように仕事を変える時代なのです。この辺りは特に中高年以上はなかなか理解できないですね。
 

心の軽さが重要 

 
実は心の軽さと浪費は比例します。心を満たすことが最高の節約であり、ポイントカードなどは逆に浪費を加速させます。心が永遠に満たされないからです
 
 
どの時代でも、どんなにめぐまれた環境でも、理性的な人に反抗し、成功者の揚げ足を取り、本能で怒りに任せて暴言を吐く人がいます。 彼らは、本能と心、体が直結しており間に理性がないのです。
肩が当たっただけで殴る、クラクションを鳴らされたら木刀で襲ってくる、という方がこの世には一定数存在します。 DV男などがいい例です。
こちらをご覧ください
彼らを見捨てるのか、愛をもって接するのか? これから日本は逆境の時代に入りますが、私は、まじめで思いやりのある知性的な人が優遇されるべきだと考えています。
 
椅子取りゲームは始まっているのです。 みんなが経済的に恵まれるわけではありません。
下流老人、老々介護、貧困女子、奨学金の返済、リストラ、派遣社員問題・・・。 情報格差からくる貧富の差が広がっています。
外国人労働者という名の移民が増えて、各地で子供を産んでコミュニティを作っています。 日本人は100年後には約4000万人になるといわれています。現在の半分以下です。
生き残る人の数に限りがあるのであれば、まじめでまっとうに生きている人を優遇すべきである、と考える私は間違っているでしょうか。 神はこの日本をどうしたいのでしょうか・・・。
 

 いい加減が増えている

 
最近は特定の団体を批判する政治関連の記事作成の依頼が禁止になりました いい加減な批判記事にまどわされてはいけません
 

ボーナスステージへ移行する

きちんと思考力を磨けば、人生は実はボーナスステージだと学べます。

今の時代は人類総ボーナスステージなのですよ。スマホがあってネットにつながって、そんな時代は今までなかったのです。

さらに少しお金をとおじれば、かなり高性能なコンピューターとソフトウェアが手に入ります。ありえないくらいイージーモードなのです。

例えば競馬でロバの群れにサラブレッドがいて、みんながロバとサラブレットの違いが判らないときに、自分だけサラブレッドがわかれば、その馬に全額投資します。そのくらい簡単な時代です

コメントは受け付けていません。