50代で生命保険の営業に再就職。資格や研修を受けても顧客が見つからない

松田さんはじめまして。

 

現在は会社員として働いています。

 

50代になってからの再就職で前職は生命保険の営業でしたが、資格を取りいくら研修を受けても、顧客をみつけて売ることができませんでした。

 

基本的に知り合い、親戚など、また新しく知り合いを作るために飲食店や買い物など交友関係を広げなさいといわれたが、そもそも売るために近づく時点で申し訳ないばかり。

 

保険は積立型であったり、長い期間を考えればその方の人生設計の役に立つのかもしれなかったのですが、最も大きな理由は自分自身お金に困っていて、今までの人生で貯金一つしてこられなかったのですから、こんな自分が何も説得力がないことがいつも辛かった。

 

数字にも弱いし、あなた自身はこの保険に入っているの?と聞かれたら、たった半年前ですと正直に言うことしかできなかった。

 

自分が能力がなく愚かなためか、ネットワークビジネスや保険営業もネットワーク型であり、お金を出して結局、上の人を儲けさせただけ。

 

終わってみればその度、借金だけが残っている状態です。人付き合いにはもう疲れた。

 

インターネットビジネスについて5年ほど前に知り、保険営業や会社勤務と並行しながら行っていました。

 

何度も高額の教材費を払い参加しても、なかなか内容が理解できない。

 

当たり前のように書かれている用語も難しく、実際の自分のパソコン上でどれを指しているのかがわからなくなる

 

致命的なのは、ファイルを保存したり整理することが本当に苦手であること。

 

長続きせずとても疲れてしまうので、作業が出来る日には集中して数時間以上おこなうが、数日作業ができず間が空いてしまうと、何がどこにあるのかわからなくなる。

 

ログインやパスワードも管理できず、そのことだけでいつも作業開始前の段階で時間がかかってしまい、また疲れてしまうことの繰り返しになる。

 

少ない資金でやっとのことで参加しているため、分割で途中で支払いができなくなるとツールが使えなくなったり、次はこれですよと言われたサーバー費用などが落ちなかったりということが起こる。

 

インターネットビジネス塾で最も辛かったのは、塾生同士交流を持ちましょう、講師や仲間に顔を覚えてもらいましょう。ということでした。

 

数百名もいる会員とチャットやメッセージ交換を行い、毎日チャットをみて、膨大な会話の流れを読み、慣れた人では雑談なども多い中で必要な情報を見落とさないよう全部読めと言われ、これだけで毎日数時間かかっていました。

 

今思うと、これで超初心者を振り落としていたようにしか思えない。

 

セミナーは遠い場所で開催され、旅費や宿泊費がかかるので参加できないことが多かった。それでも一時期頑張って休みと費用を工面し、何度か出席した。

 

しかし私の本当に知りたいことはPCを開けて、実際に何をすればいいのか、実際に収入を得ている人はどんな作業をしているかということであったが、せっかく参加したセミナーの内容は、この講座の内容を、集客してセミナーを開きコンサルしてお金を得ろというものがほとんどでした。

 

セミナーをどう行うかのノウハウや、台本は入手できたが、あとは塾生同士で助け合い、セミナーを共同で開催していく。

 

実際に自分はまだかせげていないが、そこはハッタリでいいそうです、なぜならそのセミナーでお金が入るのだから、セミナー集客した時点で、すでに稼いだと言ってしまって構わないと。

 

私にはどうしてもこのような嘘をついたりすることができず、嘘の集客もできず、自分もできていないことを人にすすめるなど本当に辛くできませんでした。

コメントは受け付けていません。