精神的ショックで過敏性腸症候群に…社会生活が困難になってしまいました

松田様、いつも動画を見させていただき感謝しております。私は、〇〇〇〇と申します。東京都内に住む50歳の男性です。

 

自分のつらい状況から書かせていただきます。

 

今現在私は、無職です。

 

2年前の2016年の3月に、突然頸椎椎間板ヘルニア、頸髄損傷疑いという病気になってしまい、ずっと利き腕である右手がしびれており、力が入りづらい状態です。

 

もともと頸椎椎間板ヘルニアという病気になる前も、2004年に父が脳梗塞・認知症になり、2012年に亡くなるまでのおよそ9年間は、父の介護に影響された人生でした。

 

その時期に、精神的ショックで過敏性腸症候群という病気になってしまい、社会生活が困難になってしまいました。

 

父の死後、何とか介護ヘルパーの資格を取ってディサービスで働いていたのですが、給料は安く重労働で正社員になることもできず、想像以上に大変でした。

 

しかし、今になって考えると、どんなに安くて大変でも、私にとって介護の仕事はライフライン、まさに生きていくための仕事でした。

 

しかし、頸椎椎間板ヘルニアになり右手が動きづらくなってしまい、介護の仕事ができなくなり、人生どうにもならなくなってしまったと感じるようになりました。

 

それまでも、お金を稼ぐことができず、生きるのが苦しかったのですが、本当に行き詰ってしまった、八方塞がりだと恐怖におびえるようになってしまいました。

 

これから生きていけるのだろうか、何をしたらよいのだろうか、と悩みに悩む日々でした。

 

私は豊島区に住んでいますので、豊島区区役所の仕事支援センターに通い、何かできる仕事はないか、と相談しておりました。

 

しかし、たとえ面接をしたとしても就業には至らず、ついには心臓の動脈硬化疑いになってしまいました。

 

幸い、病院に検査入院したところ、命には別条なく、大丈夫だったのですが、お金を稼げない苦しみは病気までもつくってしまうのだなとしみじみ分かりました。

 

心臓のほうは何とか助かったのですが、頸椎椎間板ヘルニアの方は、神経をやられているから右手が動きづらいのであり、一度やられた神経は一生治らないとのことでした。

 

治らないけど、転んでしまったら寝たきりになるということで手術をすすめられています。

 

ただ手術のお金もお医者さま次第で、高いとこでしたら100万円位かかるとも言われました。

 

当たり前のことかもしれませんが、お金がなければ病気を治すこともできないのだと痛感しました。

 

このような状況の中、何もやることがなく、ユウチューブを見ていたところ、松田様の動画と出会いました。

 

確か自殺についての動画だったと思います。

 

その時私も自殺を考えておりました。

 

右手が動きづらくなってしまい、お医者さまからは一生治らないと言われ、それまでも全く稼ぐことができなかったのにさらに稼ぐことができなくなってしまい、これからどう生きたらいいのか、真っ暗でした。

 

わずかばかりの貯金も底をついてきまして、来る日も来る日も、首を吊る夢ばかり見てしまい、このまま収入がなければ飢死にか、と思っていたところ松田様のインターネットビジネスの動画に出会ったのです。

 

これまで、私はインターネットビジネスはやったことがありません。正直インターネットについて全く分かりません。

 

それでも、私は生きていきたいのです。

 

何とかインターネットで生活していきたいのです。

 

もうダメかと思っていた人生ですが、かけてみたいのです。

 

ここで人生終わってしまうのなら、インターネットビジネスをやってからにしようと決意したのです。

 

松田様の動画を見させていただき、この方でしたらやってみようと生きる希望が見いだせました。感謝しております。

 

私はインターネットビジネスをやることにより正直自分も命助かりたいですが、人様の役に立ちたいと考えています。

 

私の父は社会福祉に従事していましたので、最後の最後まで私に社会福祉、苦しんでる人を助け、人様の喜びのために生きることを願っておりましたが、松田様の動画を見させていただき、インターネットビジネスで実現できると強く感じました。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。