残骸物は宇宙人なのか!?回収物は口封じするも極秘文書でリーク。

世界の陰謀。2011年9月11日に起きた米国同時多発テロには数おおくの陰謀論があります。

 

そしてその殆どがブッシュ大統領をはじめ政権の要人たちが事前にテロの発生を把握しており攻撃を放置していたいうこと。

 

その理由としては外部から攻撃された状況を意図的に作り出すことで更なる軍事化に対する国民の支持を得ること、そして政権が進める対内、対外政策において利益を得るためと言う構図である。

 

また、ロズウェル事件については米ニューメキシコ州、ロズウェル近郊でなんらかの物体が回収されたようだ。30年たって新たな目撃証言が報告されると事件は再調査されることとなった。物体の回収に携わった米軍の公式は発表によると墜落したのは極秘の調査気球とのことだが回収物については大々的に口封じのお達しがあったという。本当はなんだったのかは不明のまま。

 

しかしこれまでにUFO研究家はロズウェル事件と関係があるとみられる人たちに対してインタビューを実施し、数百の関連書類を得ることに成功している。

 

なかには有名なマジェスティック・トゥウェルヴによる極秘文章など内部の物によってリークされたと思われる資料もあったという。

 

このような証拠から実は軍が回収した残骸物は墜落した異性人の乗り物と生きている宇宙人だとかれらは信じているようだ。

 

また、35代アメリカ大統領ケネディー暗殺の件は事件後、ウォーレン委員会が組織され正式な調査が10ヶ月にわたって行われた。

 

事件発生後に現場近くで目撃され職務質問で警察官を殺害したリー・ハーヴェイ・オズワルドの単独犯行と結論付けた。

 

しかしケネディー暗殺には数多くの陰謀論が存在する。

 

世界が問題にする地球温暖化は捏造か?と言う話がある。

 

CO2によって地球は温暖化し今後も更にあたたかくなり続けるという説はでっちあげと言う科学者も少なくないのです。温暖化に利害を持つ者たあちがこの説を広げているのは確かなようだ。

 

一方ではハリケーン予知の先駆者ウィリアム・グレイ博士は地球温暖化はウソだと一蹴している。

 

自然のサイクルを通じて地球は再び冷却化するというのだ。地球温暖化論はワールドガバナンス世界的な統治機構をもくろむ政府指導者、環境論者たちによるポロガバンナと主張。

 

ダイアナ妃は殺されたのか

 

1997年パリで当時の恋人であるドディ・アルファイドとともにパパラッチから逃れようとして交通事故に遭遇。

 

その真相とは、イスラム教徒であるアルファイド、ダイアナ妃は将来的に英国国教会の首長となる。この2人の関係は英国王室にスキャンダルを呼ぶおそれがあるため、それを未然に防ぐため2人は殺されたと多くの人は信じた。

 

ユダヤ人の世界支配。この書の制作者はロシア秘密警察と推定されている。

 

当時ロシア民衆が持っていた皇帝えの不満をユダヤ人にそらす意図で制作されたようだ。

 

アポロは月面着陸していない。月面着陸の一部、もしくは全てがNASA関係機関の捏造とされている。

 

その理由は当時の技術では月に行くのは不可能とさてているからだ

 

しかしアメリカはソ連と宇宙競争に勝つため、またベトナム戦争の惨状から目をそらすために月面着陸がでっちあげららたとされている。

 

捏造論者の主張の根拠は主に写真にあり、月面で撮られた写真の何枚かにさまざまな点から矛盾点が見られると指摘している。

 

真実は不明。

コメントは受け付けていません。