人生に嫌気…交通事故を引き寄せた!バイトで貯めて買った車が3日で死にました

私は中学時代からよく考えていた事があります。

 

なぜ生まれてきたのだろう。生きるのに使命というものがあるのだろうかなどとよくわからないまま、高校、大学と歳月は過ぎていきました。

 

大学時代などは自由の時間が多く、よく中谷美紀さんの「砂の果実」を聞いていたものです。

 

生まれてこなければ良かったのに

 

このフレーズが妙に心に響き、何回も繰り返し聞いたものです。

 

大学時代まで死にたいほど辛い思いを経験したことはないはずなのに、人生に嫌気がしていました。

 

逃げたい勉強、将来何になりたいか分からない焦り、おもしろくない人生、その気持ちを引き寄せたのか交通事故を起こしてしまいました。

 

本当は死んでも良かったと内心思ってましたが、無傷で、何事もなかったです。

 

ただ、相手の方は両足複雑骨折という、悲惨な状態に

 

車同士、正面衝突し、相手は軽トラック、私は、普通車

 

バイトで貯めて買った車が3日で死にました。

 

不運な事に、保険に入る予定でしたが、当時付き合っていた彼女が保険屋でして、彼女から上乗せ保険入る予定でしたが、納車の方がさきになってしまいました。

 

まだ、バイト代が入ってなくてちょっと待っててもらっていた為です。

 

車に、乗らなければよかったのですが、初めて乗るマイカー嬉しくて、即効乗りまくってました。

 

トンネルなど飛ばしても捕まらないだろうと100キロ近くも出したりしてました。

 

飛ばすと怖いですが、何か爽快で気分が良かったのを覚えています。

 

2日目も同じく、飛ばして遊んでました。

 

そして、3日目、大雨が降ってました。バイトにいかなくてはいけない日だったので喜んで車でバイトに行きました。

 

早朝のバイトだったので、車道にはほとんど車はいなく、ちょっと遅刻しそうな事もあり、大雨にも関わらず飛ばしました。

 

前がほとんど、見えないけれど、レーサーもこんな感じだろうと逆に危険さがわたしを燃えさせ、さらにアクセルを踏み込んでいきました。

 

一般道で120キロは出ていました。さすがにやりすぎだろうと減速していたのですが、コーナーでハンドルをきるものの全くハンドルがきかず直進して、運悪い事に、対向車が来ており正面衝突。

 

完全に私が悪いのですが、学生だったこともあり、向こうが居眠り運転ということになってました。

 

相当相手の方は良い方でしたのでそうしてくれたのかもしれません。

 

その後、わたしは、相手の治療代等払うことになりました。

 

無保険だったので、治療代が30万、30万と立て続けにきました。

 

私は、人生終わったと感じ、大学を辞め働くことに決めました。

 

保険屋の彼女にも、去って行かれ、人生どん底でした当時は

 

しかし、幸いなことに大学を辞め、働き出してからは治療代は大したことがなく、毎月2万程度で良かったです。

 

3年前に毎月払う金額もなくなり、やっと肩の荷が下りたと思ったと同時に、相手の方は現在はどうなっているだろうかと考えると、相当な罪悪感が襲ってきて涙が出てきました。

 

お金の問題も解決したので贖罪できたのでしょうか?

コメントは受け付けていません。