いじめは子供の成長に必要ない!はやしたてたり、傍観する行為も同じ

いじめの悩みについて

 

いじめの悩みについては全ての学校の教職員が自らの問題として切実に受け止め徹底して取り組むべきだと思います。

 

まず、弱い物をいじめることは人間として絶対に許されないことと強い認識をもつ。

 

どのような社会であってもいじめは許されない。いじめる側が悪いと言う明快な一事を毅然とした態度でおこなわせるのが大切に思います。

 

また、いじめは子供の成長にとって必要な場合もあると言う考えは認められないし、いじめをはやしたてたり傍観する行為もいじめと同じことである。

 

そして、いじめられる子供の立場に立ってみて親身の指導が大切になると思います。

 

子供が発する危険信号を敏感に感知し自分のクラスや学校にいじめが発生しえる危機意識をもつことが重要になってきます。

 

いじめは家庭教育の在り方におおきな関わりがあり、いじめ問題の基本的な考え方は家庭が責任を持って徹底し、家庭の深い愛情や信頼にもとづく厳しさが必要だと思います。

 

更に、いじめ問題は教師の児童生徒観や指導の在り方が問われる問題であり個性や差異を尊重する態度やその基礎となる価値観を育てる指導が推進されないといけないですね。

 

家庭、学校、地域社会それらの全ての関係者がそれぞれの役割をはたし一体となって真剣に取り組む必要があると思います。

 

いじめの問題は、その件数が多いか少ないかの問題以上に、これが生じた際、いかに敏速に対応しその悪化を防ぎ真の解決に結びつけることが大切になると思います。

 

そしていじめに関する実践的な校内研修にて教職員の共通理解と指導力の向上をはかり、事例研究やカウンセリング演習などに積極的に参加することも大切になります。

 

児童生徒への指導について「いじめは人間として絶対に許されない」という認識。いじめを大人に伝えるのは正しい行為であるという認識を持たせることも重要です。

 

また、いじめを行った生徒については心理的な孤独感や疎外感をあたえないよう一定の配慮が必要になります。
いじめの非人間性やいじめが他人の人権を侵す行為であることに気づかせ他人の痛みを理解できるよう指導することが大切でしす。

 

児童生徒の成長にとって必要な場合もあるという考えは認められないものです。

 

そして、いじめの早期発見、早期対応が重要な鍵となり、教師が児童生徒の悩みを受け取るためには全人格的な接し方にこころがけ日ごろから児童生徒との心の信頼関係を築くことが大切になります。

 

このように、いじめについてはどの子供にも、どの学校にも起こりえるものであることを十分に認識する必要があり適切に対応しなければいけない問題です。

 

以上を踏まえつついじめ問題の対応については基本認識に基づき適切な対応が求められます。

コメントは受け付けていません。