リーマンショックの影響で仕事量が落ち込み、会社がバイトも認める措置が…

松田さんいつも動画拝見させていただき勇気や希望をいただいています。メルマガや有料の商材もいくつか拝見させていただき日々勉強させていただいています。ありがとうございます。

 

こういう機会が今までなく自分の弱音を相談できる人がいなかったのですが松田さんの中高年の方にコンサルティングされている姿を拝見させていただき松田さんになら相談できると思いましたので長文になりますがご相談させてください。

 

現在、新潟の田舎で祖母と私と二人暮らしをしています。私が生まれた時に親が離婚し母親の顔を知らずに父親に引き取られました。ですが父親と祖父がとても仲が悪く父親が私を育ててくれたのではなく祖父と祖母に育てられ大人になりました。

 

私が小さいときは父親はたまに休みに実家にきて私とどこか遊びにつれて行ったりしてはくれましたが日曜の一日にしか会える日もなくよく泣いていた覚えがあります。

 

祖父と祖母が育ててくれたので高校生の時もバイトをしながら自分で携帯代やこずかいも稼いでいました。

 

大学や専門学校も行きたかったのですが、裕福な家庭ではなかったので(祖父はゴミ収集の仕事、祖母は内職の仕事をしていた)それも祖父、祖母にも伝えることもできないまま就職をしました。(父親にも相談できなかった。父親は私の学費等も払っていなかった)

 

祖母と父親は仲は悪くなかったのでよく電話で話している姿をみていたのですが、父親は一つの仕事が長続きせずに祖母にお金を借してほしいと頼んでいる姿も何度かみていて父親のそういう姿をみて、とても腹がたっていました。私が20歳の時に祖父にガンが見つかり1年半くらい闘病生活をしましたがそのまま亡くなりました。

 

私は高校を卒後し営業の仕事をしたのですが4か月くらいで辛くなりやめてしまい、工場(自動車部品の製造、輸出もしていた。)で再就職をしたのですが2008年~2009年頃、(当時22歳頃)リーマンショックの影響で仕事量が落ち込み週に3回しか会社に出社しなくてもいいと会社に言われ、会社がバイトも認めるという措置まで起きる事態になりました。

 

祖父もいなくなっている状況で私の収入も多くなく、父親も仕事を転々している状況だったので父親にも頼れず工場で働きながら、警備員のバイトをしました。

 

そこのバイト先で出会った40歳前後の男性の方がとてもよくしてくれてすぐに仲良くなったのですが、その人は今パソコンで起業しようとしているということで相談され少しお金を貸してほしいといわれました。

 

パソコンのことは話を聞く限りではとても詳しそうで話も本当のように聞こえました。私はその時貯金もほとんどなく貸せるお金はなかったのですがその人がプロミスやレイクにいけばすぐ借りれるといったので、もしカードを作ってお金を貸してくれたら1割もらっていいよと言われ、お金がほんとになかったので3社から合計150万ほど借りその人に貸し、私はその1割をもらいました。

 

最初はあやしそうだったのですが銀行から融資がもう少しででるといわれ銀行からの(融資の紙も見せてもらっていたので)貸したのですが融資の期日になっても結局お金は戻ってきませんでした。

 

その時電話をしても、もう少し待ってとばかり言われ私の名義で消費者金融からお金を借りていたので返済は毎月来るため何度も電話をしてお金を返してくれるよう頼んだのですがお金は帰ってこないまま自分の給料で2か月ほど返済しましたがこのまま何年返さないといけないんだろうという気持ちと車のローンもあったり家にも生活費を入れないといけない、仕事の給料も減らされている、精神的にもかなりきつい状況でした。

 

さすがに父親に今の状況を相談しようと思い相談したらその人にすぐに電話をかけ直接会い怒鳴る姿を見て小さいころの父親らしい姿をみせられました、さらにその人の親にも話をしにいき今の状況を相手の親にも怒鳴りました。

 

相手の父親に話を聞いたところ、事情は分からないですが闇金に手をだしたらしく親戚中借金があるとのことで父親もかなり精神的に大変そうでした。私の父親は「それでも俺の息子から借りた金は金なんだからちゃんと返済分は毎月返せ」と怒鳴りました。

 

それからは私と相手の父親との毎月のやり取りになり私の口座に相手の父親から毎月の返済分が振り込まれるような事が1年半くらいつづき、ある日相手の父親から残り分全部払えるようになったので全部払いますとのことで全額返済することができました。(理由はわかりませんが生命保険の満期金が入ったのではないか)

 

やっと返済も終わり気持ち的にはとてもほっとしたのですが実際に仕事のほうではリーマンショックからの影響はなかなか抜けれず、サービス残業がとても多く給料もあげてもらえない状況がずっと続いていました。20万前後の給料で19歳から25歳くらいまで働いていたのですが、さすがにこのままここの工場で働いていても先がないと思い転職することを決めました。

 

工場を辞めたものの、なかなか仕事が見つからずバイトをしたのですがそれでも収入が足りずに以前作った消費者金融のカードでお金を借りて家にお金をいれたりそんなときに家の家電が壊れたりしてしまったり、給湯器が壊れてしまったりでその時私がお金を払わないとだれも払える人がいない状況で、さらには父親がいつの間にか再婚をしていて子供もいるということを知らされ驚きといら立ちが同時に芽生えました。

 

再婚していたのも5年も前だったとのことでなんでそういう大事なことを私と祖母に伝えてくれなかったのかという気持ちでいっぱいでした。

 

そんな話を聞いたあと次の仕事が見つかるまでストレスがとても溜まってしまいギャンブルにはまってあっという間に200万ほどの借金ができてしまいました。「今も返済しています。」

 

なかなか仕事が見つからないまま、27歳の時にたまたま損害保険の仕事をしないかと知り合いの人から声をかけてもらい給料もそこそこいいみたいだったのでやってみることにしました。

 

1年は保険会社の社員という扱いで給料もよかったのですが、保険会社には正社員として入社したわけではなかったので1年で保険の代理店に紹介をされ今現在もそこで仕事をしている状況ですが保険会社とは違い保険代理店は給料は安く4年ほど働いていますが今も20万前後の給料で働いています。

 

自動車事故などあれば夜でも行かないといけません。今の会社に入った当時の、倍以上に仕事は増えたのですが給料は変わっていないのが現状です。お客さんとの接待なんかもありお酒はあまり強くないのですが行かなければいけません。

 

祖母も現在88歳で幸い痴呆などはありませんが毎日私の夜ご飯を作ってくれたり洗濯をしてくれたりしているので腰や膝が悪くはなってきていて最近毎日腰が痛いと言っています。

 

家もところどころシロアリが過去に入り床が抜けそうな部分がありなおしたりしてあげたいのと北海道に親戚がいるので祖母が歩けるうちに一度は連れていってあげたいのですが今の給料ではそれもできません。

 

仕事も休めないので、育ててくれた祖母に少しでも元気なうちに恩返しをしてあげたいというのが今の強い気持ちです。

 

現在父親は別なところで暮らしています。父親がしっかりしていればと、ほんとに思うのですが、現実を受け止めないといけないと毎日思っています。

 

ネットビジネスの経験はありませんが限られたこずかいでも自己投資として松田さんの商材は少しずつ購入させていただき学ばせていただこうと思っています。

 

本当に長文失礼しました。

 

コメントは受け付けていません。