輪廻は確実!?家族を選んでいるのは自分。前世の関係性の続きを今生でも経験

輪廻についてなんですが、これは人間なら確実に誰でももっています。それを信じるとか信じないではなくて、どの家でどの国で、いつの時代にどの兄弟で生まれるかは、生まれる前に決めてきています。

 

そのため、自分が選んで生まれてきた家族なんですが、それでも一緒に生活をしてきてそれが全部自分が望んでいることかというと、そうも思わなくなりますよね。

 

それは全部が賛成することばかりではなくて、反対されることも多いし、例えば彼女が出来た時に家に連れてきた時にあとで父や母から彼女のことをいちいち聞かれたりすると面倒に感じてしまいます。

 

相手の背景を知りたいのはわかりますが、それをいちいち聞かれて答えるのはかなり面倒と感じるんですよね

 

それでも輪廻があるのでその家族を選んできているのは自分なので家族を選ぶ背景にあるのが今までの輪廻での出会いにおいてどこかで出会っていたからだと思います。

 

それは前世では友人関係にあった人と、今生では家族関係で親が前世で友人だったり、前世で母親だったのが、今生では子供だったりするかもしれません。

 

その時に接した関係性の続きを今生で経験するとおもうんですが、それを選びながら輪廻転生が続いていると思うと面白いですよね。

 

ただこの輪廻転生は一時期日本でも話題になっていたスピリチュアルという部門にリンクするかと思います。

 

スピリチュアルと聞くと、どこか占いとリンクするんですがこれは霊的であることを示すキリスト教の用語なんですね。霊的なことを示す用語がキリスト教でもあるとは思わなかったんですが、こういう用語があるのは仏教が主の認識でした。

 

生まれ変わり、輪廻転生之認識は仏教からくる認識だと思うんですが、そもそもキリスト教では輪廻転生はないかと思います。

 

それでも霊的な感覚というのはあるんですね。この霊的な感覚というのは、死んだ人や動物の認識になると思いますが、キリスト教でも死んだ後の感覚を持っていたから恐らくお墓として亡くなられた方を祀る文化があるのだと思います。

 

このキリスト教徒いうのはキリストの生まれがそのまま西暦として採用されているだけあって、西洋文化の宗教ですが

・キリスト教 22億5400万人 33.4%
(イタリア・フランス・ベルギー・スペイン・ポルトガル・中南米・アメリカ・カナダ・イギリス・ドイツ・オランダ・北欧オーストラリア)

・イスラム教 15億0000万人 22.2%
(インドネシア・マレーシア・トルコ・エジプト・サウジアラビア・イラン・イラク・中東)

・ヒンズー教 9億1360万人 13.5% (インド・ネパール・バリ島)

・仏 教 3億8400万人 5.7%
(日本・中国・韓国・ベトナム・タイ・カンボジア・ラオス・スリランカ・ミャンマー・チベット)

・無宗教:7億6900万人(11.4%)

・無神論:1億4830万人(2.2%)

・心霊主義:1366万人(0.2%)

・バハーイ教:786万人(0.1%)

 

仏教の7倍近くの人口率になるんですね。

 

意外だったのが仏教よりもヒンズー教の方が多いことでした。これは恐らく日本ではヒンズー教が広まってないからそう感じるのかもしれないんですが、キリスト教、ヒンズー教、イスラム教が3大宗教になるんですね。

コメントは受け付けていません。