高速道路の収受員はいなくなる?ETCの利用は90%、自動支払いの機械も導入

毎日のように松田さんからメールマガジンが届くのが楽しみです。メールの着信を見て、松田さんの名前があると、本当にワクワクする自分がいます。

 

いつも配信ありがとうございます。

 

今回のメルマガでは、お金の向きの話や、これから給料の振り込みに変わって仮想通貨で数字が移動するだけになるというお話があり、色々と気付きがありました。

 

私は現在、高速道路の料金所で収受員の仕事をしている40代の男です。

 

今では、ETCの利用率も90%を超えてきて、さらに駐車場の出口のように、自動支払いの機械も導入されてきて、私の仕事はいずれ無くなる事は確実だと思っています。

 

何か考えなくてはと、YouTubeで色々と成功者の動画を見ているうちに、松田さんの動画に出会い、幸運だったと思っています。

 

今回のメルマガの話に関係のあることなのですが、私が会社に入社してすぐの研修で、まずはお金の数え方、渡し方などを学びましたが、当然ながらお札の向きの事を教育されました。

 

さらには硬貨の裏表までも指導され、さすがにそこまで気にする人がいるのかな?と思いながらも基礎として学んで来ました。

 

ですが、やはり気にする人は結構いるようです。

 

会社では、クレームが来た場合に、その内容が回覧として回ります。ほぼ毎日かならず何件ものクレームが入りますが、その内容の中で、お札の向きや、返す時に両手で返さなかった、ありがとうございますを言った後の、「この先もおきをつけてどうぞ」の声が無かったなど、収受員の態度に関してのクレームが多いです。

 

ですから私も、お札の向きは必ず揃えるようにと心がけていましたし、会社から給料の明細を受けとる時には、深々と頭を下げてありがとうございますと感謝して受け取っていました。

 

また、財布にお金をしまう際には、お金が居心地が良くなるようにと財布の中には余計な物は入れず、向きも揃えていました。

 

さらに、人物の頭が上向きなのか、出ていかないように下向きがいいのかなど、インターネットで検索して色々と試したりもしていました。

 

しかし、今回の松田さんのメルマガで目が覚めた部分がありました。

 

お札じたいをかなり有り難がっていましたし、感謝してました。引き寄せの法則の本や、色々と成功者の動画をYouTubeで見てきましたが、こういう事は誰も全く言ってなかったです。とにかく感謝して給料明細を受けとるように自分でも心がけていたぐらいです。

 

今後は仮想通貨で給料が支払われるようになるとどうなるのか。まさにその仮想の物に感謝しているのも変な気がします。完全にただの数字が移動するだけですね。

 

メルマガを見たあとで、お札の向きがどうだとか、硬貨の裏表とか考えると、笑ってしまいます。今まで当たり前だった事に笑いがでてきます。

 

私は仕事上、お客さんに理不尽な事を言われたり、罵声を浴びせられるのはいつもの事ですが、自分がお客さんの立場になった時の自分の態度を気を付けるようにしています。

 

時代が仮想通貨になってくると、お金を払う方が神様で、受け取る方は何を言われても我慢しなければならないという関係は終わるかもしれないですね。

 

今回もためになりました。いつも本当に楽しみにしています。ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。