宇宙人の仕業!?ナスカの地上絵やエジプトのピラミッドはUFOの着陸地点

 松田さん、こんにちは!お世話になっております。

 

さて今回のテーマ『世界の陰謀や都市伝説、他人にはなかなか理解されない秘密』ですが、このテーマについて書けることがありません。

 

なので私が現在この世の中で常々とても不思議に思っていること、この地球上で是非行ってみたいところをお話します。

 

まず私が常々とても不思議に思っていることですが、それは『何故人類は月へ再び行かないのか?』と言うことです。

 

私が幼稚園の年長組だった夏休みの前にアメリカが、人類初の月面着陸をしたのをテレビで観ていたのを覚えています。

 

子供ながらに「すごいなぁ~~~」と画面に食い入るように観ていたのを思い出します。そして私が大人になるころには月に旅行なんて当たり前になることはもとより、その前に月にステーションやコミュニティといった建造物がバンバンできるものだと思い込んでいました。

 

しかし現実は...

 

スペースシャトルで地球を数日間グルグル回っただけで「宇宙探検しました~~~!!!」と言います。正直、あれは何のためなのか、私には皆目理解できないでいます。

 

およそ50年も前に人類は月へ到達できたのだから、せめて火星や金星へは行けていないとおかしくないですか?
そう思っている人はたぶん私だけではないと思いますが、誰もそのことを言いませんよね。それも本当に不思議です。

 

まるで箝口令でも出されているかのようです。

 

私は落語が好きでCDなどで聞きますが、桂枝雀さんの落語の枕に、アメリカの月面着陸はNASAで収録したいわゆる『スタジオ説』ではないか...?というお話があります。

 

実は私もそうではないかなぁ?と思っているひとりです。

 

何か世界的によほど都合が悪いことでも、それこそ世界的な陰謀が隠されているとか、謎めいた匂いがプンプン感じます。

 

次にふたつ目の『この地球上で是非行ってみたいところ』です。

 

まずいちばんに行ってみたい所は、南米の「ナスカの地上絵」を見てみたいです。

 

いつかラジオで聞いたことがありますが、日本からのアクセスはめちゃくちゃ時間がかかるそうで、うろ覚えですが2~3日かかるようなことを言っていました。幾つも飛行機を乗り換えたりとかで大変なんだそうです。

 

私は「ナスカの地上絵」は宇宙人の仕業で、UFOの着陸地点を現しているのでは...と思います。

 

UFOや宇宙人の関係だとエジプトの「ピラミッド」も同じように思えます。ここへも行きたいです。

 

それの最強の『パワースポット』を感じますし、是非行きたいです。

 

最後は『アンコールワットの遺跡』です。

 

ここはパワースポットではないかも知れませんが、子どもの頃図鑑で見て以来ずっーと心に残ってしまい、行きたい場所になっています。ちょっと不気味な雰囲気があって正直怖い気持ちはあるのですが、それでも惹かれる何かがあります。同じアジアであることから、落ち着く感じがどこかにあります。

 

簡単ではありますが、今回のお題は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントは受け付けていません。