霊感がなくても存在が…お通夜で自殺した女性と心を通わせると反応があった

あまり、スピリチュアルや生まれ変わりなど不思議な話には興味がなかったのですが、YouTubeなどで多くのスピリチュアルな話を知って、初めは現実逃避と思いましたが徐々に惹かれていきました。

 

以前、私は障がい者福祉施設で働いていました。利用者さんに教えていただいたことと、同僚から聞いたことをお話をします。

 

まず、利用者さん(Aさん)とします。Aさんは全身身体を動かすことのできない重度の障害をもっていました。耳と目、僅かに動くことのできる首が頼りで、私たち支援者のことをよく見てくださったり、話を聞いてよく笑っていました。

 

Aさんには、不思議な力がありました。

 

守護霊の話です。支援者の後ろについている見えない守護霊を知っていたのです。私には「母方の祖母」がついている、そう教えてくださいました。私が15歳の時に祖母は亡くなりました。九州の離島に祖父母の墓があり、母の弟が見てくださっています。

 

祖母は、長い間お墓参りに行っていないこと、そして私の母のことを心配しているのかなと思いました。

 

実は私の両親は耳が聞こえません。母は高校卒業後に、一人暮らしをして会社勤めをしていました。田舎暮らしが嫌で、集団で都市部へ就職に出てきたそうです。長い休みがあれば、お土産を買って帰省していたそうです。

 

母は、祖母が母のことをいつも心配していたと言っていたことを思い出しました。祖母が「母のことをよろしくね」と言ってくれていると思いました。

 

その後、私が霊的なものを感じることはありませんでしたが、同僚にその話をしたところ「お墓参りはできたらでいい、あなたが(私)おばあさん(祖母)いることを思い出してくれれば、それでいい」と。私は、祖母が同僚を通じて教えてくれたのかなと思い、今でも時々、祖母のことを思い出しています。

 

同じ同僚から聞いた話です。

 

生霊の見える女性(同僚の知り合い)の話です。その女性は、生霊が見えすぎて困っていたそうです。誰かの近くに生霊がいて、その生霊の怒りや悲しみなど訴えていることがわかる方でした。その女性が言うことは、本当に当たっていたそうです。トラブルが起きるたびつらい思いをされていたそうです。

 

その女性は、お通夜の話についてこう話されていたそうです。「お通夜には、亡くなった人の霊がそこにあって、心を通わせれば、霊感のない人でも、そこにいる亡くなった方の霊の存在がわかる」と。

 

その方法は聞いていますが、伏せさせていただきますね。

 

数年後、その女性はつらくて、自殺してしまったそうです。その女性のお通夜に、同僚が参列しました。その同僚が、亡くなった女性と心を通わせたところ、本当に反応があったそうです。

 

同僚は、〇〇ちゃん(その女性の名前)の言っていたことは本当だったんだと驚いたそうです。

 

以来、同僚はスピリチュアルな体験は信じているそうです。

コメントは受け付けていません。