前歯の一本が右側に曲がっている。28歳で矯正を悩み、インプラントが良いと…

私のコンプレックスは歯並びです。

 

普通の家庭と言っては語弊があるかもしれません。私が育った家庭は貧乏でした。私が育った家の家賃はおそらく、7万円くらいだったと思います。

 

家族構成は父、母、兄、私(弟)です。今だから昔の状況を理解できますが、一家で7万円のアパートですので相当に貧乏だったと思います。

 

そんな家に生まれたので、お金はありませんでした。

 

私自身のコンプレックスは歯並びの悪さです。歯の治療等はとにかくお金がかかります。今だからこそわかるのですが、当時は親に、矯正してくれとずっと頼んでいました。

 

時期は中学生1年生くらいのときです。その頃から「自分は歯並びが悪いんだ」と強く意識するようになっていました。

 

その後も、家にはお金が貯まることは無く、当然、矯正もすることができませんでした。

 

4月、5月頃に歯科検診が学校で実施されますが、とにかく嫌でした。

 

私は、幸い、サッカー部で鍛えていたので、どちらかといえば、筋肉馬鹿タイプで、体育と図工、美術だけは成績が良いタイプでした。

 

ですので、歯並びが悪くても、いじめられるようなことは無かったのです。それでも人と話すことはあまり好きでは無かったです。

 

私の歯並びの悪い部分は八重歯とかではなく、前歯の一本が右側に曲がっているのです。その、曲がっている前歯を基点に、すべてがズレ始め、他の歯にも影響が出ているのです。

 

感覚的な話になりますが、歯並びの悪い人は、虫歯や口内炎になりやすいのです。それと、歯磨きが異常にやりにくいのです。

 

この時点で人生損したと思っております。

 

歯並びの悪さから始まるのは口内環境だけでなく、気持ちまでネガティブにします。

 

また、自信の無さを表してしまいます。

 

とにかく、歯並びは悪いと、良いことはありません。強いて言うなら、泣きつくような商品を販売するときは武器になるかもしれません。

 

現在、私は36歳、28歳のときに矯正をするか真剣に悩みましたが、歯医者の先生からは年齢的にもインプラントの方が良いですよといわれました。

 

インプラントの良さは他の方からも聞いており、やはりそうか。と思っています。

 

問題は予算です。

 

矯正も高額ですが、インプラントはもっと高額です。

 

私が常日頃考えていることは、【お金を持ったらまず歯を治す】と決めています。

 

私自身、最低限の見た目は重要だと思っているので真っ先に直さないといけないと思っています。

 

私自身、会社を経営して、特に感じることは情弱は罪だということです。

 

私が28歳の頃、矯正を考えたのですが、このときに矯正は子供の頃にやれば、経費として、お金が戻ってくるということでした。

 

親の無知、馬鹿さ加減にあきれました。

 

悪口になるのでこれ以上は書きませんが、情報の格差を感じます。

 

歯並びが悪くても、命にかかわるようなことは少ないと思いますが、重病を抱えている人、その親、関係者は無知であってはならないと思います。

 

コンプレックスからくる、いじめ、自殺につながる可能性だってありますので、情報の格差をなくさなければいけないと思うばかりです。

コメントは受け付けていません。