プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

父の奴隷のよう…いつでも怖くて避けたい、いじめを受けているような感覚

投稿日:

職場と学校のいじめの体験談等について

 

わたしは家庭内で厳しい父がいたため、そこでいじめを受けているような感覚でいました。いつでも怖い、避けなきゃ、何か言われたやるなどの奴隷のようなことはしていました。

 

ただ、母は優しかったので、何とか生活はしていました。

 

そのようなことから、学校では、見栄をはるように生活はするため、いじめには参加しません。ですが、協調性のない子には目がつくようになりました。

 

協調性のない子とは、仲間の中で話す言葉が何かとういて、「自分、自分」の子です。その子には、何かと避けるようにはしていました。

 

家に「自分、自分」の人がいるので、猶更嫌だったのかもしれません。

 

大きないじめなどは参加しませんが、ちょっかいを出すというか、面白半分で、何かを隠して笑ったりはしました。

 

あと、トイレの大をしている人がいると一緒に騒いだりしていたのもあります。これは小学生のころの話です。

 

中学校に上がると、1年生ほどに、そのちょっかいを出すことに対して、1時間正座し、説教を受けたので、「こんなことしたくない。」と思い、卒業しました。

 

でも、なぜかちょっかいを出してくる子もいるので、それでまた問題になるようなことにはなりました。出している子と喧嘩したため、また3時間正座となりました。

 

高校生のころには、スポーツメインでやっていたため、上下関係だけでした。

 

ですが、成績を残せていたので、先輩からは大目に見られていたこともあり、さほど厳しくもありませんでした。しかし、高校の友達から聞くには、やはり成績を残せない人はいろいろなことを影でやられていたと聞いていたので、とても驚きました。

 

卒業した後に聞いた話だったので、そんな素振りを見せない友達に聞いて、成績が残せない子のストレスが、さらに成績を残せない人にいくんだな。ととても痛感しました。

 

その子は、うまくかわせたみたいですが、そいつとは関わりたくないとは言っていたので、「ふ~ん」で終わってしまいました。

 

わたしは、高校では3年生で成績が残せず苦労していたので、あまり面白くなかったかなとは思いますが、なぜか今でも友達付き合いしているのは、この高校3年生の時のメンバです。不思議と会うのが面白いところです。

 

社会人になったときに、よく感じたのは「責任の押し付け合い」です。

 

そのせいで、いじめとはいいませんが、責任の確保ばかりで、自分のメンツ維持する人が多いと感じました。もちろん、社会の中で上に上がるとか意識していませんでしたので、大きく怒られようか?などと提案できる人でもありました。

 

ただ、やはり失敗して責任が発生した時には、とても嫌な気持ちです。

 

自分を守るために、人のせいにして、その人が職場からいなくなる・・。あまり気持ちよくはありません。それは、いつも思いました。だからこそ、根性、努力となってしまいがちなんだと思います。ただ、心ない人もいれば、心ある人もいるので、不思議な感じです。

 

心ある人は、もちろん精神的な病になった人がほとんどで、心ない人は現役でやっています。でも、それが楽しいのかはわかりませんけど、そうしたいならいいかと割り切っています。

 

人を傷つける行為に関しては、スポーツの世界ではいつも見ていて慣れてしまったとこはあります

 

そして、そのメンタル!といって無視することで、「心ない状態」になっていた時期もありました。感情さえなければうまくいく!なんて思っていたので、、、、。

 

でも、面白いことなんてありませんでした。気晴らしばかりです。

 

お酒飲んで、吐いて、心臓痛くて、でも朝早いから起きなきゃの繰り返しで、でもストレスを感じてばかりでした。

 

さらにもう1ランク上げるには、さらなるストレス?と思って、わたしの運命って何?と感じました。

 

最後に、いじめに参加していたのか?と言われると、いじめる側だと思います。人を傷つけるよりも、面白いからと幼稚なことをして、笑っていたのだと思います。

 

ただ、不思議なのは、同窓会などに行っても、昔のメンバから「お~こっち!」などと話しかけてくれることです。とてもうれしいことです。

 

もちろん、過去にいじめられたことを思い出そうとするとあります。

 

その時には、スポーツを上級生といつもやっているスタイルから、同年代の人から攻撃されることでしたので、「嫉妬」もあると思います。

 

何というか、上級生の中でプレーを続けていると「一人の環境」が多くあったと思います。

 

だからこそ、一人でいることがよくありました。弟とよく遊んでばかりでした。もちろん、弟も友達付き合いは少ないです。似たもの同士なのか(笑)

 

その友達の輪みたいのに入らない性質なので、一匹狼でいるのが大好きです。

 

さみしい時もありますが、気が合う仲間が数名いたので、そこと少しじゃれあうほどです。

 

一匹狼のところは、強がりや協調するのがめんどくさいのもあり、そう言っています。

 

たまに、人の輪で話すと楽しい時もありますが、1時間ほど十分と思っています。愚痴聞くのは、疲れるので・・。

 

でも、わたしは、そんなことより「根性・努力!」と思う気質だったので、ストレスが大きくて人のことを気にかける余裕がないのか?と考えるとそうかもしれません。

 

今、松田さんの情報を聞いて、わたしが求めている答えに近づきました。

 

何か水と油のようなことが自分の中で起きている感じも、松田さんのお話しを聞いてわかりかけているところです。自分が無知なんだな~と思います。

 

そのように気づいたことが財産だと思っています。ありがとうございました。

 

以上となります。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.