プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

人生相談や皆様からの応援メッセージ 仕事

55歳、派遣社員で父子家庭。何度も家計簿を見直し、地獄のような生活

更新日:

 松田さん、はじめまして、「〇〇〇〇」と言います。

 

現在は、大変苦しい生活を強いられており、今の生活から抜け出したいと思っている55歳の男性です。

 

今から2年前に離婚をし、子供(現在高校2年生です。)は私が引き取る事になり今は子供と2人で生活をしております。

 

仕事の方は、派遣社員と言う待遇で物流関係の仕事をしており、ご存知だと思いますが、派遣社員は時給×勤務時間が給料になるので正月・GW・盆休みなど休みが多い月等は月収が5~6万円も減ってしまい、普段の月でも毎月のやり繰り精一杯なのに休みの多い月のやり繰りは収入の範囲内に収まるように何度も家計簿を見直し帳尻を合わすと言う本当に地獄のような生活を日々送っております。

 

高校2年の子供は、現在公立高校に通っておりますが、1年生の時の年間の授業料が、75000円+PTA会費30000円=合計105000円と言う金額で低所得者なので、助成金の手続きを入学をして直ぐにしたのですが、返金の振込が年末でした。

 

平成28年11月に母が亡くなり、その時に預金があったので何とか支払う事が出来ましたが、もしその預金がなければ公立高校にも入学させる事が出来ない状況でした。

 

助成金制度は本当に授業料を支払う事が出来ない家庭が申請をする制度だと思っておりますし、年末に返金の振込があっても、それまでの授業料を含めたお金は立て替えなければならないと言う国の制度に関して本当に矛盾していると私は感じております。

 

現在は父子家庭なので去年の8月に子供扶養手当の申請をし、毎年4月・8月・12月の3回に振込まれる事になっており、4月にお金が振り込まれたのですが、子供の授業料と現在の家は亡くなった父と母が残してくれた家なので、その家の固定資産税を支払ってしまえば手元に残るお金が全く残らない状態です。

 

冒頭に現在の仕事は派遣の仕事と記載をさせて頂きましたが、離婚をした当初に派遣で働くようになり、今年の4月15日で所属していた派遣会社を退社し、今は違う派遣会社に所属して働いています。

 

理由は、勤務時間は8時~17時なのですが、通勤が車で1時間程かかるので毎日家を6時半に出て、仕事が終わるのが18時半になり、

 

それから夕飯の買い物をして帰宅して夕飯の支度をし、夕飯を食べて片付けをすると22時過ぎになると言う平日はこのような生活のサイクルで、子供が家を出る時間が7時半なので、子供を見送る事も出来ず、1時間も前に家を出なければならないと言う生活が耐えられなかったと言う事が辞めた理由です。

 

新しい派遣先の会社には4月17日から勤め始め、土日が休みなので、まだ9日間しか働いていませんが体にかなり負担がきています。

 

職種は物流の仕事で、扱っている商品はネジが箱詰めにされている商品の出荷で、1ケースあたりの重さが
25Kg以上あるものばかりで、腰、足に負担がかかり、このまま続けていれば日常生活にも支障が出来るかも知れないと不安な気持ちで一杯です。

 

私の場合、派遣会社に登録をしているので、当然ですが毎月の収入が安定しない不安定な生活の上に正社員ではないのでボーナスなどは無縁で、まともに年金も支払っていないので当てにも出来ず、先に何も頼るものがないので、この年齢になって本当に遅いですが「何とかしなければ!」と言う気持ちになり、ネットで松田さんの存在を知り、藁にも縋りたいと言う気持ちで、今回相談内容を送信させて頂きました。

 

松田さんと出会えた事で、今の生活から脱出出来る明るい未来が見えたような気がしています

-人生相談や皆様からの応援メッセージ, 仕事

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.