トラックドライバー、疲れで1日寝ている。子供と遊ぶにも気合いが必要

 以前は世の中に対して不平や不満ばかりでしたが、この頃は歳をとったせいなのか、怒りの感情はずいぶん減りました。

 

しかし、どうしても許せないことが「自分勝手なやつ」の多さですね。

 

二車線の道を、レーサーきどりで強引にすり抜けていくやつ。

 

信号待ちなどで、みんなの目があるにも関わらず、平気でタバコやゴミをポイ捨てするやつ。

 

「子供が乗ってます」というステッカーをこれ見よがしに貼ってるくせに、チャイルドシートに子供を座らせないバカ親。

 

歩行者や自転車は「当然こっちが優先」とばかりにスマホを見ながら平然と突っ込んでくる始末です。

 

自分は車を運転する職業についていますので、毎日そんな人間ばかりを目にします。

 

この前も、パーキーングエリアで注意したことに腹をたてられ、高速道路上で強引に止められ、関係のない大型トラックに追突されて亡くなった人もおられました

 

自分勝手なやつ1人のために、二人が亡くなり、残された子供達が本当に不敏でなりません。

 

トラックの運転をしていた人もトラウマになって職業を失ったことでしょう。その人の家族はどうなるのでしょうか?

 

同業者として、もしも自分がその立場になったらと思うと、不安でたまりません。

 

何年か前の規制緩和によって、参入してくる会社が増え、輸送費は削減され、トラックドライバーの就業環境は劣悪そのものになりました。

 

給料カットは当たり前、だのに拘束される時間は増えるという状態です。

 

こんな環境で無理矢理働かされた上に会社からは「プロドライバーなんだから」と言われ、やれ「伝票は両手で受けろ」だの、何か言われたら「はい」と返事だけをしろだの、「いつも笑顔で応対しろ」などと言われます。

 

明らかに過剰サービスであり、異常な行為です。

 

真面目になんてやっていられませんし、頭がおかしくなりそうです。

 

唯一の休みの日曜日は、あまりの疲れから1日中寝ていることもよくあります。

 

子供と遊ぶことにも、気合いを入れなければなりません。そうしないと起きることもできないからです。

 

でもこの前の日曜日は、親会社が主催するソフトボール大会に参加させられました。もちろん強制です。断ることなんてできません。

 

自分にとっては「親睦会」という名の拷問のような1日でした。

 

いつも愚痴をこぼしている同僚が、笑顔で楽しそうにしているのを見て「あぁ、やっぱり違う人種なんだ」と思いました。

 

社員の仲はとても良いので、純粋に楽しんでいるのだろうとは理解できますが、自分は何だか馴染めず、腰が痛いと嘘を言って少し離れた場所で1日をやり過ごしました。

 

もちろん、浮いていたと思います。

 

これも、1人のバカ社長の自分勝手な思い付きで始まった行事のようです。

 

こんな事ばかりを考えていると、いつか自分もそんな重大事故を起こしてしまうかも知れないと思ってしまいます。

 

1日もはやく運転席から降りたいです。

 

子供といっぱい遊んであげたいのです。

コメントは受け付けていません。