ユダヤ人の思惑? ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の仮想通貨の大流行

私の知っている都市伝説についてお話したいと思います。

 

昨今、流行の仮想通貨についてです。

 

仮想通貨といえば、みんなが知っているビットコイン(BTC)になりますが、その対抗馬として、時価総額2位のイーサリアム(ETH)という通貨があります。

 

それぞれに特徴があります。

 

ビットコイン(BTC)は主に買い物にも使える、個人決済にも対応している基本の通貨です。

 

イーサリアム(ETH)はどちらかというと、ビジネス向けのBtoB決済に向いた通貨となります。

 

他にもたくさんの種類の仮想通貨があります。

 

それぞれに役割を持っているのですが、今回の主要通貨である、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)はそれぞれの金融資産家の喧嘩だとも言われています。

 

世界には金融ヤクザという存在があるのはご存知でしょうか?

 

代表的にはロスチャイルド、ロックフェラーの財閥があります。

 

ロックフェラーグループにはJPモルガン等、有名な会社を経営している。

 

イーサリアムが大きく存在を伸ばした背景には巨大資本を注入したとの噂もある。

 

ビットコインに世界を制されてはたまらないと見たのか、ロックフェラー財閥は対ビットコインとして、イーサリアムを世に広めた。

 

元々、JPモルガンは1900年始め頃から中国に興味があり、早々と牛耳っていたことがわかる。

 

ロスチャイルドに先を越されたのかは不明ですが、ビットコインのブームの後にイーサリアムもブームを迎えていることがわかります。

 

何が言いたいのかというと、ロスチャイルド、ロックフェラーが結局のところ、互いに争うようなことはせず、仲良く世界を牛耳りましょうとなります。

 

一般人から見れば、牛耳っているということになりますが、資産家連中から見れば、【それは世界の平和を保っている】とも取れます。

 

ロスチャイルド関係の企業、ロックフェラー関係の企業は世界中にあり、それぞれが統制しているものと思われます。

 

そして、みんなが知っている金持ち=ユダヤ人ということです。

 

今回はユダヤ人の話はしませんが、金のあるところにやはりユダヤ人がいたということになります。

 

フリーメイソン、イルミナティ等、世界が大きく動くときに必ず存在しているのがユダヤ人です。

 

そもそも、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の仮想通貨が流行ること自体、ユダヤ人の思惑だったりするのではないかと思ってしまいます。

 

私の知らないところで、世界中の人を巻き込んだ、巧妙なステルスマーケティングがユダヤ人によって、行われているのかもしれない。

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

コメントは受け付けていません。