いつもタオルを頭に巻くと落ち着きます、寝るときは枕の上に…

 私には変な習慣があります。

 

それはいつもタオルを頭に巻くという習慣です。

 

理由は落ち着くからです。

 

ここ7年くらいの間でタオルを頭に巻かなかった日は一度も無いです。

 

最近の3年間は髪の毛が長かったせいもあり、じゃまだと思って巻いていましたが、短髪になった今でも普通に巻いています。

 

そのタオルですが、寝るときには枕の上に置いて寝ます。

 

日中の行動時には外に出るときも職人のように巻いてでますし、仕事も普通に巻いています。基本的に一日の中で巻いていない時間の方が少ないくらいです。

 

では日中のタオル巻きから説明していきます。

 

日中のタオル巻きのメリットは冬場は暖かい、使い方によってはマフラーにもなります。

 

夏場は暑いですが、汗を取ってくれますし、活躍の場は多いです。

 

サラリーマンでスーツ姿でタオルはありえませんが、夏場の外の現場作業なら絶対に必要ですね。

 

では、室内ではどうか?

 

室内でも活躍の場はたくさんあります。

 

内装関係の仕事なら、タオルを巻くことによって、室内が汚れにくくなりますし、手が汚れた場合でもさっと拭く事ができます。床が汚れたり、すぐに汚れを取り除きやすいです。

 

また、タオル自体が高価なものではないので、使い捨てとして使うことも可能ですし、お気に入りのタオルなら、顔を拭くだけの専用タオルにもできますし、用途は多岐にわたります。

 

男性の場合は外でも中でもタオルを巻いていて違和感はありませんが、女性では外で巻いている人はあまり見かけません。

 

女性ランナーで首にかけている人はいますが、巻いている人はいません。

 

結構優れもののタオルですが、使い方を間違えると、大変です。

 

まず、汗がついて、洗わないと悪臭を放ちます。

 

また、ニオイは本人以外気がつかないことが多く、1日、2日では大丈夫だろうと思ってしまいます。

 

そのため、タオルは7本は持っているのが望ましいと思っています。1日1本消化するつもりで使うと、常に新鮮でいられます。

 

ハンドタオル、バスタオルと違い、簡単に頭に巻くことができ、腕、脚に巻くことができ、手軽なアイテムです。

 

スポーツに、日常の生活(キーボード、家電品、棚等のちり、ごみを払ったり)にもってこいのタオルです。

 

これから梅雨の時期を迎えますが、雨、嵐にも、絶対におすすめのタオル生活です。

 

タオルがあると、雨、風、しのげますね。

 

たかが布切れですが、人間の生活をしっかりとサポートしてくれるタオルです。

 

私はタオル生活があまりにも楽すぎて、習慣化しています。

コメントは受け付けていません。