幼稚園でのいじめ。カッターで脅かされたり、足を踏まれたりした

私は、幼稚園の頃からいじめられていました。

 

名前に平和に穏やかでいようといった意味も込められていることもあり?平和主義に育っていました。

 

加害者でいるくらいなら被害者でいる、といった思考も自分の中に現在もあります。それがあまりよくないことも分かっています。ただ同時に美徳でもあると思っています。

 

幼稚園では、性格の悪い加害者タイプの人に足を踏まれたりカッターで脅されたりしました。

 

小学校ではスポーツができるタイプの女の子にモテたい・注目を浴びたいといったタイプの人に、勉強がその当時できたのもあり、ターゲットになりました。

 

追いかけ回されて、はっ倒されてひっくり返されたりしてました。

 

そのいじめが過熱した小学校4年に、親の転勤で引っ越しとしなりました。

 

その先ではうまく馴染めたものの、女の子とも仲良くしていたこともあり、前の学校全く同じタイプの目立ちたがりに目をつけられ、いじめられました。そこでは女の子が味方になってくれ、そこまで大変ではありませんでした。

 

中学からは男子校に入り、様々な人と仲良くなるようになりました。

 

唯一全グループと話せるタイプというキャラクターを目指していたし、実際できていました。

 

その時に仲良くなったヤンチャな一人が、非常に性格が悪く、定期券を勝手に捨てたり、靴を隠して捨てたりされました。

 

そういうことがあっても、キャラクターを維持するためにあまり落ち込んだ姿を見せずに健気?に頑張っているといじめもなくなりました。

 

ただ、そこで自分の心と振る舞いを分離しすぎて、全グループと話すためにニーズに合わせたキャラクターを演じすぎて、自分に仮面を被せるということに関して卓越してしまいました。

 

あまりに板につきすぎて、”なんでも楽しい”ように振る舞い、自分をも騙せる ことが自然とできるようになっていました。

 

本当の素のキャラクターはちゃんと仲良しや恋人には見せていたので、演じてしまうところや無理したキャラクターをその人達がみると、無理するのやめたら?と言われてきました。

 

何かされても悲しみや怒りというものを表現してはいけない、負のスパイラルに陥るだけだ。と自分を抑えつけてきました。

 

本当の自分を取り戻したいという気持ちもあり、TPOは考えますが、演じるのをやめようと思って現在は行動しています。非常に楽に生きれるようになりました。

 

愛と感謝を基軸に、周りの方々も含め名前の通り平和に生きていきたいです。

コメントは受け付けていません。