プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

仕事

36歳、食品工場勤務。想像力で世界進出を考えているが夢と現実の差に苛立つ

投稿日:

 こんにちは。

 

私は食品工場で働く36才会社員です。子供は男ばかりの3人です。

 

今の会社に勤めて5年程になりますが一向に給料が上げない会社に対し不満を抱えていました。

 

今は生活費を稼ぐ為、Wワークをして生計を立てていますが、精神的にも肉体的にも疲れ果てていて「後何年この生活が続くんだろうか?」と思い副業を検索してる内に松田さんの動画と出合う事が出来ました。

 

私は最近アフィリエイトやネットビジネスって言う仕事がある事に気付き、賢い人・時代を読める人達がいるんだと驚きました。

 

でも実際に勉強しチャレンジもして見ましたがやはり難しくなかなか成果が得られません。

 

職人のような私でも副業として得られる知識や知恵を勉強させて頂きたいと思っておりますのでどうかご教示下さいお願いします。

 

話しは変わりますが私が食品工場や飲食店で働く切欠になったのは私の家族が親を合わせて7人家族だったので私達兄弟5人が家事を担当で回していました。

 

その時私は小学校6年生位だったと思います。

 

私が初めて料理の担当を任されチャーハンを家族に作った時、恐る恐る母の顔を覗き見ました。母は私が見た事もない位「こうちゃんおいしいねぇー」と誉めてくれました。

 

それが印象的で今でも覚えています。これがきっと私の人生の本質だと思います。

 

私は当初飲食店で働いていましたが自分の人生について考える時期があり、この先何がしたいのか?どうなりたいのか?どう死にたいのか?今のままで笑って死ねるのかな?などと考えいました。

 

そして捻り出した答えは私の作った美味しい商品で1人でも多くの人(世界中の人達)に笑顔や安らぎを与えたいと言う夢が生まれました。

 

だから今の会社の商品力や私の想像力でいつかは世界に進出して行こうと考えていますが夢と現実の差と自分の未熟さに苛立ちを感じている次第です。

 

毎日まじめに頑張っているのに家族を食べさせるのがやっとです

 

私は40歳になるサラリーマンです。

 

毎日まじめに本業に取り組んできましたが、なかなか給料が上がらず、より高い給料を求めて転職も何回か経験しました。

 

子供もいるのですが、大きくなるにつれ生活費や学費なども年々かかるようになり、自分のことより家族を食べさせてやるのに精一杯の毎日を過ごしています。

 

本業だけではなかなか生活面でも苦しいので副業をしようと思い、インターネットで探してみるのですが、本業の労働時間が長くて取り組むことができません。

 

休みも隔週で決まった日に取れないし、生活がやっとでどこかへ遊びに連れて行く余裕もありません。

 

そんな中でも少しでも副収入が欲しくてネットで探した高額商材の副業ビジネスに手を出してしまい、ろくに稼げず返済だけが残り、余計に生活を苦しくしてしまいました。

 

隣近所を見渡せば旅行に行ってきた、あそこのおいしい料理を食べてきた、新車を買った、などという話を聞くばかり。

 

それに比べ私は食べさせるのでやっとの状態。毎日まじめに頑張っているのに、なぜ俺だけ、うちの家族だけこんな目に遭わなくてはならないのか?

 

自分を責めて、家内にも「すまない」と何度も口にしたことがありますが、家内は「今が幸せだから」と言ってくれます。

 

ですが、私は人並みに年に一度でも家族に旅行に連れて行きたい、もう少し楽な生活をさせてやりたいと考えています。

 

億万長者になろうとは思いません。

 

家内をもう少し楽をさせてやりたい。子供たちに好きな道へ進ませてやりたい。その考えのみです。

 

松田さんとの出会いをチャンスと思って取り組んでいきたい。

-仕事

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.