プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

小学校6年生の頃、担任に目の敵に…卒業式の握手で手を出されたが素通りした

更新日:

いじめについて書かせていただきます。

 

小学校の六年生のころですね。いじめられた記憶は覚えてないのですが、担任になぜか目の敵にされてた記憶があります。思い出そうとしても思いだせません。

 

とにかく覚えているのは卒業式が終わって担任の先生と握手してさよならするという儀式?そうやって小学生最後の日を握手で締める感じですかね。

 

その列に順番待ちで並んでいたところの記憶からしかありません。

 

順番に並んでるときから決めてました。握手なんかしないと。ただ順番がきたらそのまま素通りしようと。今考えたら並ぶ必要なかったですね。単に帰れば良かったと思います。

 

でも帰れなかったんです。それぞれの子供の親達もその光景を見て感動してるような状況だったので。しかたなく並んで待ってました。

 

握手しながら担任の先生が一人一人に声をかけてましたね。そりゃ熱のこもった言葉をかけていたのでしょう。泣いてる生徒もいましたから。その様子を見てた僕は本当にいらいらしてたと思います。

 

ちょうどこの頃から始まりましたね。先生をまったく信用しなくなったのは。

 

学校は毎日行ってました。おもしろいことに他の学年の記憶はあり、思い出せます。一年生から五年生まで。ただ六年生の記憶がないですね。たしか小学校なので全教科を担任が受け持ってたはずです。

 

ただ記憶があるのは担任の顔とその担任が大嫌いだったことぐらいですね。何かで嫌いになる原因があるんでしょうが思いだせません。

 

そろそろ順番ですね。先生が優しい顔をして迎えてきたと思います。笑顔と半分悲しそうな卒業生を送る顔です。

 

そういう顔をしながら握手をするために担任が手を出してきた瞬間に視線を変え素通りしました。

 

その後の記憶はありません。ただやっと六年生が終わった。次は中学生だ!ってなっただけです。開放感はありました。

 

小学校六年生で方向性が決まったのでしょう。先生に対しての。中学生になっても先生を信用することはなかったです。

 

中学一年生の担任の先生も裏切りませんでした。なんですかね。子供の質問に〇〇だから。当たり前だから。みたく根拠を教えてくれないんだったような。

 

いま考えたら解りますけど、当時は先生というネームバリューを信用してたのでしょう。

むしろまともな先生に当たる確率のほうが圧倒的に少ないはずです。小学生はそんなの解りませんからね。

 

ここに小学生が閲覧しにくることはないかもしれませんが、先生が信用できないなら学校に行く必要ないですよ。むしろ学校に行かないほうがいいです。

 

おかしな自分が形成されていきますよ。松田さんを見て思いました。先生だ。って。松田さんの動画をみんなに見せたいぐらいです。

 

でもみんな僕が頭が狂ったっていうでしょうね。でも、松田さんはビジネスマンですね。理解しています。

 

ありがとうございました。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.