プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

仕事

頚椎ヘルニアで布団では痛くて寝れない状態。壁にもたれ掛かって寝ていた

更新日:

年齢は55歳そして平成28年3月に離婚が成立し高校2年の子供を私が引き取り現在は子供と2人で生活をしており、世間で言う父子家庭と言われる家庭環境で生活をしております。

 

今から13年前になりますが、フォークリフトを運転し商品管理をしていた時に右手に痛みと痺れが起こり、夜も布団では痛くて寝れない状態になり壁にもたれ掛かった方が楽だったので、壁にもたれ掛かって寝る状態が1ヶ月間続きました。

 

しかし、その状態であっても辛くなり病院に行き診察をして頂いた結果の診断は、「頸椎ヘルニアになっている事で神経と血管を圧迫している事で痛みと痺れが出ているので、それを治すには手術しかない!」との診断でした。

 

今の状態では仕事どころか日常生活をする事も困難になる事もあり、家族で話し合いをした結果、手術をする事を決断し勤めている会社に手術をする事を伝えました。

 

私としては、13年間勤めた会社だったので、「この状態では辛いと思うから今は治療に専念しなさい!」と言う返事を頂けるものだと思っていたのですが、そのような私の思いとは真逆の手術をするのなら辞表を出してくれ!」と言う血も涙もない返答だったので、その言葉を聞いて頭の中が真っ白になりました。

 

「何の為に今まで会社の為に働いて来たんだろう!」

 

今まで積み上げて来たものが全て崩れ、「一からのスタートになってしまうけど今は治療に専念し今後の生活は完治してから考えればいいや!」とネガティブな考えからポジティブな考えに切り替えました。

 

5時間の手術、そして1ヶ月の入院を含めた半年間の療養をし就職活動を始めアルバイト採用で経験のある商品管理をする事になりました。

 

採用の時に「3年後には社員での採用を考えているから!」と言う話だったのですが、採用の際に話されていた社員採用の話は入社した2年後に「会社の業績が思わしくないので見送る事にしたい」と言う事を言われ、今の状態
でも何とか生活を続ける事が出来る収入だったので勤務を続けました。

 

しかし、勤務をして8年後の頃に「何時までこのような状態を続けるんだろう」と思うようになり、その時に離婚した妻が介護の仕事をしていた事もあり、思い切って勤めていた会社を辞め、ヘルパーの資格を取りヘルパーの仕事を始めました。

 

収入は以前の会社より下がりましたが妻との収入を合わせれば生活が出来る収入だった事と、介護の仕事を選んだ理由は一般の会社と比較して歳を取っても長く働ける事が理由で選びました。

 

しかし平成27年の12月に妻との仲が険悪になり色々な話合いをした結果、妥協点を見つける事が出来なかった事もあり平成28年3月に離婚が成立しました。

 

離婚した妻の両親はお母さんが亡くなりお父さんは独り暮らしで自分の身の回りの事が出来なくなり、暮らしていた借家から介護施設に入所した事もあり、妻は帰る家がない事もあり、持ち家がある私が子供を引き取る事になりました。

 

しかし、介護の収入では子供を育てる事が難しく、介護の仕事を諦め少しでも良い経験のある商品管理の仕事をする事にし、十分に仕事を探す時間が無く派遣会社に登録し、勤める事になりました。

 

仕事は、大手物流倉庫での入・出庫の仕事です。

 

勤務時間は8~17時、残業は大体1時間半ぐらいあるので会社を出るのが18時半です。

 

通勤時間が車で約1時間かかり、会社の駐車場には車は駐車する事が出来ないので近くの駐車場を借りて勤務先まで徒歩で10分歩して勤務先に行かなければならないので、出勤の日は家を6時半に出ていました。

 

子供が学校に行く為に家を出る時間は7時半だったので、子供よりも1時間前に家を出る生活です。

 

平日のサイクルは1家を6時半に出て、仕事をして会社を18時半に出て、帰りに買い物をして、帰宅したら夕飯の支度をし、食べた洗い物をすれば22時頃、その時間ぐらいになっとゆっくり出来る時間になります。

 

4月の中旬まで勤めていたのですが、あまりにも過酷な事で辛かったので少しでも負担を減らそうと新しい派遣会社に登録し自転車で通勤出来る会社に転職しました。

 

通勤は楽になり、子供が家を出る事を見届け出勤する事が出来るようになったのですが仕事がキツく、まだ10日しか勤務をしてませんが、続ける事が厳しいと考え、新しい会社を探そうと考えています。

 

仕事は商品管理なのですが、取り扱っている商品が1ケースあたり25~30kgあるネジなので足・腰に痛みあり、かなり厳しい状況です。

 

冒頭に頸椎ヘルニアの事を記載させて頂きましたが、手術をした5年間は調子は良かったのですが、段々と調子が悪くなり、今では右手の痛みはありませんが、腕から肘にかけて痺れがあり、親指・人差し指・中指はずっと痺れている状態で、今まで右手を庇ってきた事もあり筋力が落ちて全く力が入らない状態です。

 

このような状態であっても子供を養わなければならないので働かなければなりません!

 

今は、就職先を模索しているような状況なので、今月は何とか生活はできますが就職活動が長引けば、6月は全く収入が無い状態になってしまうので、途方に暮れている状態が続いています。

 

GW明けに1日でも早く働き先を見つけ最低限生活が出来る収入源を確保し、その後は会社に依存しない1人で出来るネットビジネスに取り組み一人えでも稼げる力を身に付けたいと思っています。

-仕事

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.