プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

小学6年生でいじめ。アトピー女の子をバイ菌のように接し、心を傷つけた

投稿日:

 小学6年生の時に、アトピーの女の子の心に傷を付けるようなことをしました。

 

クラスの男子だけでしたが、「カサカサが移る」とか「かゆくなる」とか、あることないことを言ってバイ菌のように接したことがあります。

 

松田さんの教えの中で、「いじめをしている奴は、自分がいじめをしていることに気づいていない」「いじめをしている奴は、いじめをしているという自覚すら無い」と言われたとき、本当にそうだと思いました。

 

無知故に、そして、人の痛みがわからないから、心にナイフを投げつけていることにすら気付けない愚かさ・・・。

 

今でも、その女の子の名前を覚えています。

 

「ごめんなさい。消えることの無い傷を心につけてしまって」と、記事を書きながらそう思っています。

 

中学1年生の時、同じクラスの女子が、自分が通っている進学塾に通いに来ました。

 

自分ではいじめている意識なんて全く無かったのですが、理科のテストで、絵を見てこの生物の名前は何か答えよという問題で、「くちびるケイソウ」が正解の所を「タラコくちびる」と書いてるのを見て、「お前、進学塾に通ってるのにアホみたいな答え書くなや」みたいなことを言った覚えがあります。

 

僕自身は、全くいじめたり、いじっている感覚すら無かったのですが、参観日の時に、自分の母親がその女の子の親に謝っていると聞きました。

 

また、その女の子の親が自分のことを見ていたことも聞きました。

 

悪いことをしたら、こっぴどく叱られ、往復ビンタをされて育った自分ですが、このことに関しては、両親から叱られることはなかったです。

 

自分自身も悪いことをしたと今でも思えないです。

 

塾に通うのもお金がかかることだし、塾に来ても勉強をしないで、テレビ番組のおバカ決定戦のような回答をしてるなら、「来ない方がいいと思う」と言う言葉にはトゲは無いと思います。

 

でも、自分がいじめられたとその人が思えばイジメであり、不快な思いをしたら不快な言葉なんだということを知りました。

 

社会人になってからのイジメは目撃したこともありますし、されたこともあります。

 

店長(男)とチーフ(女)が夫婦の店舗で、その下に主任、副主任そしてバイト。

 

そのような仕事場で働いていたとき、チーフに気に入られなかった人は、嫌がらせを受けていたようで辞めていきました。

 

自分も目を付けられてしまい、大学生だったということもあり、一緒に居たくないと思ってすぐに辞めることにしました。

 

絶対君主制のようなヒエラルキーがある体制が合いませんでした。

 

パワハラ、セクハラ。

 

色々な形を変えて人に嫌な思いをさせる行為がまかり通っていますが、悪意を持って嫌なことしてきた連中には、「お前、嫌な奴やな」と言えるように、各自が自分で収入を得る力を得れば、ブラック会社も存続できないと思います。

 

働き方が変わり、病んだ世の中が少しずつ良い方向に進んで行けたら良いと思います。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.