カルマの影響?不自然な怪我や事故、交通事故が異様に多いです

 私は20代のころに、新興宗教団体の会員になってました。

 

「〇〇〇〇〇」という宗教で、20代の終わりごろには教団に対する疑問がわいてきて、離脱してます。

 

教祖が「@@@@」という人で、今は人間だと思ってますが、当時は@@氏が仏、仏陀の生まれ変わりだと宣言してましたので、信じきって、著書もものすごい数を出版してましたので、買って読んでましたし、教壇の地区の会員同士の集まりでも、こんな本が出たので、買って読むようにと言われてました。

 

毎年、東京ドームで開催される祭典があったのですが、住んでいるのが地方なんですが、それにも新幹線に乗って東京に行ったりしてました。

 

そして、この団体では人間には、過去世、そして、今の人生である現世、そして、次生まれ変わる来世があると教えていて、前世で撒いてしまった負の種を「カルマ」と言って、

 

今世というのは自分が生まれる前に前世のカルマを刈り取るために自分の人生計画を予め決めて、誰を両親として生まれるのかも計画を立てて、生まれてきて、死んであの世に帰って、また、生まれ変わりの計画を立ててというように、何度も何度も生まれ変わりながら、進歩し続けていく存在なのだと教えられていました。

 

死後の世界、つまりあの世という物に関して、教団の教えによると、あの世は魂のレベルに応じた階層の世界になっていて、

 

単純すぎる表現ではありますが、悪いことをすると、例えば、殺人事件を起こしたり、他の人間を苦しめるような生き方をすると、死後は地獄に赴き、そこで十分反省すると、天国と言われる世界に上がれるようになり、

 

また、天国も階層の世界になっていて、次元という概念で言うと、死後はまず、縦、横、高さ、そして、時間という概念が加わり、死後の世界には時間というものがなく、全く別の時代に生きていた人とも会えるということになっていて、

 

概念が4つあるので、4次元、その上の階層では縦、横、高さ、時間、の4つの概念に善というものが加わり、5次元。

 

さらにその上の階層は5つの概念に真理というものが加わり、6次元。

 

さらにその上の階層は仏の教えを広めるという概念が加わり、7次元。7次元は「菩薩界」とも言うそうです。

 

さらにその上の階層には許しという概念が加わり、8次元。

 

そして、さらに上の階層が宇宙という概念が加わり、9次元、教祖の@@氏は9次元からの生まれ変わりで、人間としては完成の域に達していて、すでに悟った存在なので、次回は人間として生まれることは無く、神になるということを教えていました。

 

前世は釈迦で、今世は人類に導きを与えるために人間としては最後の生まれ変わりで、生まれてきたと言うことでした。

 

今の@@氏は有名人の守護霊を導き出して、霊言を語るようなことを節操無くやっているような印象で、世間では「いたこ芸」などと揶揄されてますが、若いころの@@氏はもうちょっとまともだったと思います。

 

私は今、この世で生きている人間ですので、死後のことはもちろんわかりませんが、過去にそういう話を聞いてきたので、本当かどうかは実際に死んでみないとわからないのですが、前世のカルマなどはあるような気がします。

 

個人的には不自然な怪我や事故、交通事故などが異様に多く、何らかのカルマ的なものを背負って
生まれてきたような気がしてなりません。

 

前世で、戦国時代みたいな時代で他人を刀や鉄砲で殺したり・・・

 

そんな気がしないでもありません。

 

人間として生まれて、魂的な向上をすべき、心の大切さというのはわかるのですが、
現世利益、ご利益信仰的なものには、なかなか理解できないですし、あまり共感もできません。

 

有名な人で億万長者の△△△△さんの「ついてる」

 

「ついてる」と普段から言ってるとツキがやってくるというのがありますが、個人的にはあまり好きにはなれません。

 

今までの人生でほとんど、ツキというものが無いので、はっきり言ってしまうと「不幸な一生」でしたので、嫌悪感を持つのかもしれません。

 

一度、宗教団体の会員だったということもあり、辞めたあとでも、本屋さんなどで、宗教書のコーナーに足が向いて、本をパラパラめくることもありますし、スピリチュアル系の話にも馴染みやすいのですが、2015年ごろからは、この世は悪魔のような存在が支配しているという「陰謀論」的な話に関心が向いたりしてます。

 

「フリーメーソン」がどうのこうの、「イルミナティ」という組織がどうのこうのという・・

 

後、大昔からの地球を情報を読み取れるという人が著した本には「人類」の起源も書いてあって、従来あるサルから原人へ進化して、そして人類が誕生したという「進化論」というのは誤りで、事実は大昔に地球を支配しようと宇宙船でやって来た宇宙人が自分たちのために働かせる奴隷が必要になって、当時、地球にいたゴリラのような類人猿と自分たち宇宙人の遺伝子をバイオテクノロジーで遺伝子操作して、「人間」を作りだしたということが書いてあって、妙に納得したりしてます。

 

今現在の私はこの世を有意義に生きたいという思いで、ビジネスでお金を稼ぎたいとも思ってますし、今後の地球のことも心配です。

コメントは受け付けていません。