金融のトップが世界を操っている?政府へも圧力を掛けられる存在

松田様。無料教材のパスワード届いております。地道に進めています。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

『世界の陰謀や都市伝説、他人にはなかなか理解されない秘密について知っている事』

 

私が知っている陰謀論等は書籍として販売されているものであったり、YouTubeで流されているものです。

 

その程度ですので目新しい情報では無いでしょう。

 

もしも極秘情報を掴んでいたなら今とは違う暮らしをしているかもしれません。

 

大した事は何も知らない情報弱者であります。

 

ですから今ここで路頭に迷って生活に不安を持っている私がいるのでしょう。

 

自分の記憶を整理する為にも良い機会ですのでここで書かせて頂きます。

 

この世界を思いのまま動かしている支配者がいるらしいのです。

 

それは誰でしょうか。

 

強い軍隊を持っている政府が世界を動かしているのでしょうか。軍事力で押さえつけられれば誰でも命令に従わざるを得ません。

 

巨大軍事力の指揮権させあれば世界は思うままになるという程単純ではないらしいです。世界一強力な軍隊の総指揮者にも影響力を持つ者達が居るそうです

 

その人達が世界を操っているらしいのです。

 

それは誰なのでしょうか。

 

金融システムを牛耳っている人々が世界を操っているらしいのです

 

では金融システムの覇者とは誰なのでしょうか。

 

昔ヨーロッパに財産家の貴族がいたそうです。

 

貴族は王様ではないので一国を自由に出来る程の権力はありませんでした。

 

ある時戦争が起こり国を支配していた王族が財政難に陥りました。戦費がかさんで王族の手持ちの財産では賄えなくなってしまいました。

 

その王様は財産家の貴族に借金を申し込みました。借りたお金のおかげでなんとか戦争は終わりを迎えることができました。

 

戦後王様から財産家の貴族へ利子付きで貸付金が帰ってきました。もともと財産家であった貴族は更に潤いました。

 

王族は借金返済のため相変わらずの財政難続きです。

 

そして財産家の貴族はお金以外のものも手に入れました。それは王族への影響力です。

 

財政が苦しい時に王様は金持ち貴族に頼らなければならなくなってしまったのです。

 

よって王様の権力下にある貴族でありながら王様を動かせる力を手に入れたのです。

 

利子付き貸付金で儲けた貴族はそのお金を元手に事業を開始しました。金貸し業です。

 

現在の銀行の基になったそうです。貸し金業をはじめた貴族は一家総出で事業展開をしました。

 

ヨーロッパ各地に支店を作ったのです。その貴族はR家と呼ばれています。

 

あるときA国とB国の間で戦争が起きました。貸金業R家は両国に戦費を融資しました。

 

その戦争が終わりA,B両方の国はR家に借金を返済しました。

 

敗戦国は借金をした戦費の支払いだけでなく戦勝国への戦後賠償金も払わなくてはいけません。これではまたお金を借りて賄わなければいけません。

 

ますます借金が増えるばかりです。

 

これで戦争が起きると貸し金業者が儲かる仕組みが出来上がりました。

 

時代は近代に移りました。

 

昔から貸金業で儲けた貴族R家はますます健在でした。

 

現在アメリカの中央銀行FRB設立にも多大な影響力を与えたといわれています。

 

FRBは通貨を発行する権利をもっています。

 

無学な私は通貨は政府が管理して、政府が発行するものと思い込んでいました。しかしFRBは民間の組織なのです。

 

アメリカ政府にはない通貨発行権を持っているのです。

 

ということは、米国政府よりもFRBのほうがアメリカ経済に影響力があるのではないでしょうか。

 

このアメリカの中央銀行制度にならった国は世界中にあります。

 

日本も同じです。政府に無い権限を中央銀行が握っているのです。

 

中央銀行制度を取り入れていない国もあるそうです。

 

2001.9.11同時多発テロ事件以降アメリカ軍が侵攻した国は中央銀行制度を取り入れていない国であったと言う人もいます。

 

アメリカ軍の侵攻後にアフガニスタンに中央銀行制度が取り入られたそうです。

 

貸金業からはじめて中央銀行制度を整え、その中で大きな力を持つ者が世界のお金をうごかしているらしいのです。

 

この金融を司る有力者が、政府へも圧力を掛けられるという考えはいきすぎているでしょうか

 

現代では金融のトップが世界支配者なのではないでしょうか。

 

書き始めに申し上げましたとおり、これは読書やネット閲覧から得た知識です。要は書籍やブログ、ニュースサイトの受け売りです。

 

ですから私だけが知っている訳では無く、そこそこ知られている事柄だと思えます。

 

松田様から出題の『世界の陰謀や都市伝説、他人にはなかなか理解されない秘密について知っている事』というほどインパクトが無いかもしれません。

 

審査を宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。