プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

生まれつき・コンプレックスの悩み

考えすぎるクセは発明家レベル!? 自分が納得するまでひたすら考え続けます

投稿日:

松田さん こんにちは

 

自分のクセについて書かせて頂きます。

 

私は物事について考えすぎるクセがあります。

 

新しいことを覚えたら、そもそもこれはなんでこういう呼び方をしているのだろうとか、どういう要素が備わっているのだろうとか考えてしまいます。

 

根本的ところから考えるクセがあります。

 

仕事でも同じでみんなが特に注目しないようなことに対して、深く時間をかけて考えるクセがあります。自然と考えてしまいます。

 

考えるといっても、発明家レベルまで考えたりはしませんが、周りと比べるとかなり考え込む人だと思います。

 

例えば、インターネットの用語などはアルファベットの頭文字をとったものが多いと思います。

 

そういった用語を新たに覚える時は、そもそもどういう略語なんだろうとか考えます。

 

LANであればLocal area networkとかです。

 

こういうのは人から教えられれば、なるほどとか言って、聞く耳を持つ人もいますが、自分からこの用語の意味はなんだろうとか、自発的に調べる人は少ないと思います。

 

しかも、私は関連性のあることまで深く調べます。

 

ただそれを一つだけ覚えて終わりでは無くて、きちんと人に説明できるレベルまで覚えようとします。

 

覚えるならちゃんと理解したいと思います。

 

だから、自分が納得するまでひたすら考え続けます。

 

上辺だけ理解しているのがあまり好きではありません。一日中考えてしまうこともあります。

 

周りからはいつも真面目とか勉強家とか言われます。

 

高飛車な発言になるかもしれませんが、仕事はできるほうです。

 

多分、私が持つこのクセのおかげかもしれません。

 

なぜなら、私が働いている職場にはこのように自発的に何かを調べたり、勉強する人がいないからです。

 

物事に対して、本気で理解しようとする人がいません。

 

私からすれば、よくそんな中途半端な理解で仕事ができるなと思ってしまいますが、驚くことにほとんどの人がある程度理解しただけで、一つ一つの事を深く理解している人はいません。

 

だから、私が考えすぎなのかなとか思って、たまに悲観的になったりします。

 

この考えすぎるクセはいい方向に働くクセだとは思っています。

 

ただ、あまりにも自分の力で考えたりする人がいないので、普通の人が理解できないクセが染みついているのかなと思っています。

 

正直、これがクセと呼ぶものかはわかりませんが、自然に深く考えてしまうことでしたので、クセとしてご紹介しました。

 

目に見えるクセは特に無いので、内面の部分で書かせて頂きました。

 

ご査読よろしくお願いします。

-生まれつき・コンプレックスの悩み

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.