プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

人生相談や皆様からの応援メッセージ

独立し、家庭用太陽光の仕事をしたが気が付けばピークは去り、仕事は減る一方

投稿日:

YouTubeで松田さんの動画を拝見しました。

 

私は松田さんのおっしゃる様な、50歳で貯金もほとんどなく、アルバイトでなんとか生活している様な人間です。

 

私は昔から夢の持てない人間でありました。

 

20代の頃はただ「楽しそう」とゆう理由で水商売をしておりました。人生の展望などなく、その日1日が楽しければいいとゆうような感覚でした。

 

夜の街に6年ほどいるうちに、200万の借金を抱え、お酒で体も壊し水商売を諦めます。

 

せめて自分の借金だけは返そうと、車関係の出稼ぎに行きました。

 

交代制の過酷な仕事でしたが、なんとか借金だけは返し終わり地元に帰ってきましたが、人生に目的などができたわけではなく、職を転々としました。

 

自分で熱中できる仕事を探していたような気もします。

 

そうこうしているうちに友人から建築関係の仕事に勧誘を受けました。

 

35歳くらいの頃だったと思いますが、ちょうど家庭用太陽光がブームとなり、その友人の所で6年ほど屋根工事等の仕事をしたのち、独立して、その友人と組んで太陽光の仕事をやり始めました。

 

ピーク時には年収で900万位だったでしょうか。

 

忙しい時期に貯めるなりなにか他の仕事に投資なりしとけばよかったのでしょうが、気が付けばピークは去り、仕事は減っていく一方でした。

 

また忙しくなるだろうとゆう安易な考えでした。

 

今は借金に手を出す前に、ちょっとでもとアルバイトしながら、暇なときはネットでなにか少しでもお金になることはないかなと眺める日々です。(特にPCに関して技術があるわけではありませんが)

 

結婚したかった女性も過去に数人いましたが、経済的に幸せを提供できる自信がなく、未婚です。

 

今もやっぱり何をすればいいか、何がしたいかわかりません。

 

漠然と考えるのは50歳になってから情けない話ですが、心身の健康と経済力が両立しなければ何の意味もないとゆうことです。

 

何でも話せるパートナーがいて熱中できる仕事があれば、今のような不安はないだろうと思います。

 

私は世の中に不満や怒りがあるわけではありません。

 

とゆうかキリがないような気がするのです。

 

他人は自分の意志では変えられないような気がします。

 

でも自分は変えられると思います。

 

思いますがなかなか変われないのが不満なのかも知れません。

 

相談になってないかもしれませんが、不安な日々ネットを眺めるのは、これからの世の中はやはり経済力を手に入れるにはpcの世界であることは容易にわかりますが、情報はあふれています。

 

何を見ればいいのかもわかりませんでした。

 

そんな中で松田さんの動画では、私の今の状態をずばり言われていました。

 

私はPCに関する何か特別な技術があるわけではありません。少しずつでも勉強し、少しでも前に進みたい。

 

なにかきっかけが欲しい。(できるかどうかわかりませんが。)それが今の私の希望です。

 

稚拙な文章ですいません。

-人生相談や皆様からの応援メッセージ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.