青森のイタコに行って弟と会わせたい、車にはねられた弟が忘れられない母

私の本家の嫁さんの実家が『神様』みたいなことをしてるらしいという事をちらっと聞いたことがあります。

 

本家では嫁さんの実家についてはあまり語りません。

 

私も根掘り葉掘り聞こうとはしませんでしたから、どこの部落の人くらいしか知りません。

 

しかし、私の両親に聞くと、『昔は、よく悩み事があるとその家に行き相談する人がいた』と言います。

 

人は、本当にどうしたらいいかわからなくなった時に『神様』に近い人?に相談するようです。

 

切羽詰まってのことだと思いますが。

 

私は家を建てるときに家相を見てもらうために近所の人に相談してお寺を紹介されて家相診断をしてもらったぐらいです。

 

このような人(神様のような人)は結構いるようです。

 

私の嫁さんの実家では、ちょこちょこ相談に行ってるらしいです。

 

婿さんのことで気になることがあった様で家相を見てもらって「玄関からまっすぐに裏口に続く廊下につい立を置きなさい。」と言われすぐつい立を置きました。

 

占い師とも見えますが、神様とのことです。

 

田舎では、意外といるかもしれません。

 

松田様ならご存知でしょうが、イタコです。

 

母が言ってましたが、私の小さい頃は結構言っている人がいたようです。

 

40年以上前に、私には弟がいました。

 

私が小学校4年生、弟は来年小学校に入る予定でした。夏休みのラジオ体操に弟といく為歩いていました。

 

私がちょと立小便をしてる間に大きな道を横切ろうとして車にはねられてしまいました。

 

救急病院に搬送され体中にホースを付けられ治療しましたが・・・

 

以降私の家では毎日仏様には水とご飯、月命日にはきちんとお膳が置かれます。

 

私の母が何十年前かは忘れましたが私の前で「青森のイタコに行きたい」と言ったことは忘れません。

 

死者の魂を呼び寄せ体に憑依させるというあのイタコです。

 

青森のイタコというのはかなり有名みたいで私も小さいころから知っています。

 

やっぱり弟のことが忘れられないんだなと強く思いました。

 

お金をため死ぬまでに青森のイタコに会いにつれて行って弟と会わせたいと思っています。

 

「○○さんが青森のイタコの所に行ってあってきたと言ってた。」と昔言ってた記憶があります。

 

よく幽霊が出るとか、真夏でもひんやりするとして有名なのが秋田県湯沢市の「院内銀山跡地」です。

 

日本でも有数の銀山だったらしいのですが、当然事故による死者も多数いたようです。

 

私は一度も行ったことはありませんが、私の妻が言うには「引き寄せられるような感じがする」との事でした。

コメントは受け付けていません。