プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

生まれつき・コンプレックスの悩み

異常なまでに人の目を気にするが、生徒会長など多くの人の前に立つ経験が多い

更新日:

僕は異常なまでに人の目を気にしてしまうところがあります。

 

その理由の一つは、この前もお話ししたように、肌が弱いためにすぐ跡がつき、特に笑ったあとに口元にほうれい線のように残ってしまうのがどうしても気になるからです。

 

だから人と対面で話すときには、無意識に手で口元を隠したり、相手から顔をそむけてしまうことがあります。

 

しかし、僕がここまで他人の目が気になってしまうのにはどうもほかにも理由があるようで、例えば自分の服が変だと思われていないかとか、自分の表情をどう見られているのだろうかとか、ずっと考えてしまいます。

 

これは肌の弱さとは全く関係ないので、おそらくもともとそういう人間だったのか、あるいは何か過去の記憶が潜在意識にそういう影響を与えているのだと思います。

 

そしてこのように人の目を常に意識していると、動作の細部にいろいろ不自然な癖が出てきます。

 

しかし、僕はこれまでの学生生活の中で、委員長をやったり生徒会長をやったり、多くの人の前に立つことはたくさん経験していますし、それが居心地悪く感じたこともありません。

 

人の目を気にする癖がありながら人の前に立つ自分のことは、自分でもよくわかっていません。

 

それから、今度は些細なことなのですが、僕は無意識に自分の顎を触ったり、腕を組んだり、口をすぼめる癖があります。

 

よく心理学の世界では腕を組んだりするのは相手と自分との壁をつくっているという風なことがよく言われます。

 

そして顎をさわるのは嘘をついているときとか。自分では意識していないうちに、相手を敵と思うように潜在意識が働いているのかな?と思ったりもしています。

 

最後に、今まで僕を支えてくれた習慣についてお話します。

 

僕は中学生の時に斉藤一人さんの「強気」というお話を聞き、「自分もこういう風に生きよう」という風に決心しました。

 

どういうお話だったかというと、落ち込んでいても、何かに失敗しても、さらには病気を患っても弱音を吐かない。常に強気なことを言う。弱気なことを言っていても誰の得にもならない、というものです。

 

今もまだ弱音を完全に言わないということはありませんが、以前の弱音ばかり吐いていた自分と比べると、圧倒的にポジティブになりました。行動力も増しました。

 

大学に落ちた時もあっけらかんとしていることで、いつも通りの自分、いつも通りの周囲の人間でいることができました。

 

でもやはりまだ何も結果を出していない訳ですから、「その自信はどっからわいてくるんや」と多くの人から言われますね。

-生まれつき・コンプレックスの悩み

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.