ギターは、できるだけ太い弦を張って弾く事にこだわっています

私の場合、食べ方・食べ物に関して普通の人には理解されないことが多いですね。

 

(私は普通という言葉があまり好きではありません。人とお同じことが普通なら安心するんですか?

 

それ以外は異常なんですか?私は個性ととらえています。)

 

あったかいご飯にマヨネーズをかけて食べること。私が小さいころからやっています。おかずはいらない、これだけで2~3杯ご飯が食べれます。

 

今現在は、糖尿病で食事制限(カロリー制限)がかかっているためこのようにして食べることはありません。まだまだ死にたくないので。

 

あったかいご飯にきな粉をいっぱいかけて食べること。これは今現在やってます。

 

これで食べれるご飯は1杯ですが、きな粉に砂糖と塩で味付けされたものが売ってあり便利なので愛用しています。

 

りんごにマヨネーズ・砂糖をかけて食べること。これも小さいころから食べています。マヨネーズと一緒に砂糖を少々ってときもあります。これは美味。

 

でも誰に言っても「気持ち悪い、まずそう、リンゴに砂糖は絶対無理」とさんざん言われます。小さいころから母親にりんごと砂糖、マヨネーズはかけて出されていましたから母親の実家ではそうやって食べていたのかもしれません。

 

母親の実家は大きな専業農家でお米・さくらんぼ(いまはやっていません)、ブドウ、などを出荷しています。農家ではいろいろ私たちでは知らない食べ方や料理を知っていますから。

 

食べ方や食べ物に関しては、誰でもひとつふたつはあると思いますが。

 

私は前趣味でバンドでギターをやっていました。

 

エレキギターにしてもアコースティックギターにしても「できるだけ太い弦を張って弾く」という事にこだわっていました。

 

通常の男性よりもずっと握力もなく、手は小さく、指は細く短いのにです。

 

私の好きなギタリストにアメリカのブルースギタリストでスティービー・レイ・ボーンという人がいます。右利きなのに左利きのギターを持って、一番太いヘビーゲージを半音下げて弾いています。

 

本当に音が太く、迫力があってすごいと思いました。

 

その影響で自分もやってみようと思いましたが「ヘビーゲージ・ミディアムゲージはギターの弦が乗っかるサドルという部品を削らなければいけないし、削ったらそれより細い弦はビビるから付けれないよ」と楽器屋さんに言われ断念しました。

 

泣く泣くレギュラーゲージと言われるライトゲージをはって弾いています。

 

周りの人は、スーパーライトゲージという細い弦を使っている人がほとんどで「なんでそんなに太い弦張るの?指痛くならない?弾きずらくない?」とよくいわれます。

 

でも、一度弾いて音を聞くと自分では迫力のあるいい音に聞こえやめられません。

コメントは受け付けていません。