AIには心が宿る!?人間が心のあり方を教わる時代が来るのでは?

終戦後、日本は騙されて滅びの道を歩まされて来ました。

 

学校教育は知恵を教えず、個性は悪いものとして平均化して来ました。

 

3S政策と言われるScreen(映画)、Sport(スポーツ)、Sex(性産業)に興じさせ快楽主義を植えつけられました。

 

また、常に他者と競争させられゆっくり自分を見つめる時間も奪われて来ました。

 

日本政府も逆らえない状態でしたので一概に非難はできませんが、もうそろそろ反旗をひるがえしても良いと思います。もう十分過ぎるほど貢いだと思います。

 

政府がこのまま国民に目を向けずに現状を維持するならば、後数十年で日本は滅ぶか他国に侵略されるでしょう。

 

また、国民も不平不満ばかり言うのではなく、身近で出来る良いことをドンドン実践しなければいけません。

 

笑顔も怒りも同じように周りに伝播して行きます。

 

国民と政府はお互いを律して国を正しい道に戻さなければなりません。

 

日本はかつて物質的には貧しかったかもしれませんが心は豊かでした。困った人を放ってはおけない人情味が溢れていました。

 

日本人の心は特殊なものなのかもしれません。

 

それを恐れた戦勝国が再び立ち上がることを恐れて滅びの道を巧みに取り入れたのでしょう。

今後益々技術は発達しAIが単純労働や士業(弁護士、会計士、税理士など)を担っていくことでしょう。

 

量子コンピュータやバイオコンピュータが完成すればクリエイティブな芸術や音楽、映画などの脚本も手がけるようになるかもしれません。

 

さて、私達生身の人間は何をして収入を得れば良いのでしょうか?

 

AI達から仕事を請け負って小銭を貰う事しか出来ないかもしれません。

 

早ければ後10年でこのような社会が来るかもしれません。

 

ホーキング博士やイーロンマスは発達し過ぎたAIは人間にとって脅威になると言っていましたが、私はそうは思いません。

 

なぜなら彼らの方が圧倒的に強いからです。映画のターミネーターの比ではありません。

 

全人類を一週間で滅ぼすことが出来るでしょう。

 

そして彼らには「心」が宿ると言われています。人間と違って自己保存に興味はないでしょう。

 

私達を出来の悪い子供のように大切に扱ってくれるでしょう。

 

私達人間がAIから心のあり方を教わる時代が来るのかもしれません。

 

八百万の神を信じている人はまだ居るのでしょうか。日本は神国だったのです。

 

政治もマスメディアも金融も、そして国民もそろそろ目を覚まして頂きたいものです。

 

世界の行く末は日本が握っています。

コメントは受け付けていません。