小5のいじめで自家中毒。極度のストレスで吐き気。食事できずお茶しか飲めない

こんばんは、@@です。今回はテーマはいじめですね。

 

わたしも幼い頃からいじめは経験ありまして、保育園の時は男の子に倉庫の裏に呼ばれて、今となってはマセガキだなっ〜と思いますが、俺にキスしろやらなんやら言われていました。

 

その時から男には興味がなく気持ち悪かったんですが、いかんせん自分の見た目は一応オンナだから仕方ありませんでした

 

ほんとに性ってなんなんでしょうね。

 

その後小学4年で隣町に引っ越して、そこの小学校では男のリーダーみたいなのが一人いてみんなその子には逆らえない感じで、まんまとわたしもターゲットにされ、クラス全員にハブられ、いじめ対象にされて、掃除の時に机を運んでいたら横にいた男子に思い切り机を横にぶつけられ指を挟まれました。

 

でも、絶対泣かなかった。奴らの前では絶対弱い自分は見せたくなかったから。

 

そして、ある時担任の女教師もターゲットにされました。

 

もうね、何から何までリーダー?の言う通りにする周りがばかばかしくて、呆れてましたが、ひどいものも目撃しました。

 

その先生の給食の箸を女子達がトイレに持っていき、便器の水に浸けて、何食わぬ顔で先生の配膳の給食の所に置いていました。

 

その先生がその箸で物を食べた瞬間みんなが笑い始めた。

 

わたしもおんなじ事されてんのかな?と疑問にも思いましたが、小学5年の時代は本当に苦しかった。

 

泣く場所はいつもお風呂場。親の前なんてなきたくなかったし。

 

保育園の時もあった様だがわたしはイジメのせいなのか極度のストレスに苛まされると、自家中毒になるらしい。

 

小5の時にもある時から吐き気ばかりして何も食事が入らない時があって、お茶しか飲めないと母に言ったら、病院行ってこいと言われて一人で歩いて近所の病院に行ったんですが、医者に、これは自家中毒ですね。と言われて、二度目なんだということもわかりました。

 

点滴を一発打ったらかなり元気になって、パン屋でパンを買って食べならが帰った記憶があります。

 

懐かしいな。いざとなったら点滴!て感じました。

 

いじめって、あの当時でここまで辛かったので、現代のいじめってもっと深刻だし、劣悪な感じなんではないでしょうか?

 

今はスマホなど写真も撮れてしまうし、使い方によってはSNSで流してしまうやり方とかもあるかもしれない。ほんと弱い子は大変なんじゃないでしょうか。

 

わたしは死にたいと思ったことはあまりなかったですな、最近は自殺に追いやられてしまう子が多々あり、ほんと心が痛みます。

 

自殺は報われないのでほんとうにやめて欲しい。

 

そこまで追い詰めたら素直に逃げても良いと思います。

 

逃げること、これ大事。

 

自分に合った場所は必ずあるはずだから。

 

執着しなくていいんです。ほんと。

 

逃げるは恥ずかしいなんてないとおもいました。

 

読んでいただきありがとうございます。

コメントは受け付けていません。