朝鮮トンネルは通用止めに。心霊らしい男の霊が見え、何かを警告してるよう

私の地元の近くに旧国道418号線沿いの「朝鮮トンネル」、いわゆる ’出るスポット’なるものがあります。

 

今では通行止めになって通れませんが、自分が22~23歳の時はまだ、車でここを通ることができました。

 

バイトの友達と一緒に行こうと誘われたのですが、怖いものがあまり好きではない私は断りました。

 

その友達は友人たちとトンネルに行ったのですが、その友人の連れの一人がトンネルを見たときに顔が青ざめて言葉を発しなくなったそうです。

 

周りの人が恐怖を感じていたらしいのですが、何人かはトンネルを出入りして帰ってきたそうです。

 

今ではyoutubeやブログなどにこの八百津町のトンネルについてはすごく出ていますが、ネットが出る前から、このトンネルにはあまり近づかないほうがいいという伝えがありました。

 

当時を思い出すためにアップされているyoutubeのうちの一つを見てきたのですがその中にも心霊らしい男の霊のようなものが見えました。何かを警告してるように見えました。

 

私は霊感が強いほうではありませんが信じています。

 

自分の祖母や祖父がすぐそばにいるのではないかという感じになるときがあります。

 

祖父とは私が小学生の時に戦争に行って悲惨なことを体験したという話をしてくれました。

 

まともだととてもじゃないけどやっていけなかった・思考を停止して生き延びるためにどうしたらいいかを話してくれました。

 

子供ながらに恐ろしさや悲しさが伝わってきました。

 

祖母とは小学生に上がる前によく遊び相手をしてくれました。

 

外に出て行ったり、部屋でいろんな話を聞かせてもらいました。

 

祖母はほかの人との会話を本当に楽しそうに話していました。

 

特に孫である私には楽しそうに目を細めていろんな話をしてくれました。愛情にあふれていたんだなーと、今だとわかります。

 

学校での教育では、みんなと同じが好かれます。

 

突出した個性は万人が認められること以外、ほぼ矯正され普通といわれる人に教育されます。

 

霊や噂というものは多数決のほうに流れてしまうものだと思います

 

目の前にある事実がすべてであり、異物は認めない という方針だと思います。

 

しかし、今ではこの世の中に生き残るためにはみんなと同じというよりも みんなと違うっていうことが大切なんだと思います。

 

先祖の暖かい見守りに囲まれながら、これから先,楽しく充実した日々を生きていこうと思います。読んでくださってありがとうございました。

コメントは受け付けていません。