日本とユダヤは祖先が同じ!?多くの神社にはイスラエルマークの六芒星が…

世界の陰謀や都市伝説、他人にはなかなか理解されない秘密について知っている事を教えてください

 

日本はユダヤと深い繋がりがある。

 

日本はユダヤの共通点は非常に多く、同じ祖先をもつという説があります。

 

私は最近この説が、実は正しいのではいかと思うようになりました。

 

それを示すほんの一例ですが、私たちが子供のころ遊んだ「かごめかごめ」

 

私たちが子供の頃に歌った、「かごめかごめ」という歌の意味はヘブライ語だとその意味が分かって来ます。

 

かごめかごめ  

ヘブライ語「カゴ・ミー カゴ・ミー」→(誰が守る)

 

かごの中の鳥は  

ヘブライ語 「カグ・ノェ・ナカノ・トリー」

→(硬く安置された物を取り出せ)

 

いついつでやる  

ヘブライ語 「イツィ・イツィ・ディ・ユゥー」

→(契約の箱に納められた)

 

夜明けの晩に  

ヘブライ語「ヤー・アカ・バユティー」

→(神譜を取り、代わるお守りを作った)

 

鶴と亀がすべった  

ヘブライ語「ツル・カメ・スーベシダ」→(未開の地に水を沢山引いて)

 

後ろの正面だ~れ  

ヘブライ語「ウシラツ・ショーメン・ダラー」

→(水を貯め、その地を統治せよ!)

 

これをヘブライ語訳だけにすると次になります。

(1)誰が守る? 誰が守る?

(2)堅く安置された物を取り出せ

(3)契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ

(4)神譜をとり 代わるお守りを作った

(5)未開の地に 水をたくさん引いて

(6)水を貯め その地を統治せよ

 

しかし、この訳では一体どんな意味なのか不明です。

(1)「誰が守る? 誰が守る?」

我々を誰が守る?

 

(2)堅く安置された物を取り出せ

これは多分モーセが神様から授かった十戒のことだと考えられます

 

(3)契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ

契約の箱とは「失われたアーク」のことで、これは「聖櫃・契約の箱」とその中に入っている「十戒石板」「マナの壺」「アロンの杖」という三種の神器を指すのだと推測します。

 

神器とは「失われたアーク」と三種の神器のうちの「マナの壺」「アロンの杖」を指すと考えられます。

『契約の箱(失われたアーク)から、「マナの壺」「アロンの杖」を取り出せ』と言っているのです。

 

(4)神譜をとり 代わるお守りを作った

神譜とは三種の神器のうちの一つである「十戒の石版」の事を指しているのだと思います。

ここでは「十戒の石版」を取り出し、それの代わりになるお守りと作ったという意味で、このお守りとは多分偶像崇拝のことで、古代ユダヤ人は旧約聖書に反して「金の子牛の像」を崇拝し、退廃していき滅びた支族がいるとされています。

(5)未開の地に 水をたくさん引いて

(6)水を貯め その地を統治せよ

モーセは、イスラエルの民が「金の子牛」を拝んでいるのを見てしまい、それを怒り金の子牛を燃やし、それを粉々に粉砕して水に混ぜ、イスラエルの民衆に飲ませた、という記述が聖書にあります。

 

つまり、「金の子牛」を崇拝している民への制裁として、未開の地へ水をたくん引き、それを貯めて統治せよと言っています。

 

これは、「金の子牛」を使って民を支配しろ、とも受け取れます。

 

これらをまとめます。

 

我々は誰を守るのか?

契約の箱(失われたアーク)から三種の神器を取り出して、それに代わる「金の子牛」を崇拝せよ!

そして、それを崇拝する者たちを未開の地で水を使って支配せよ!

 

ということになります。

 

これをもっと紐解くと、契約の箱から三種の神器を取り出すというのは、神様ヤハウェへの冒涜です。

 

さらにそれを「金の子牛の像」へと変えるというのは更なる冒涜です。

 

この歌詞には2つの意味が込められていることが考えられます。

(1)神様ヤハウェを冒涜し潰せ!

(2)子牛の像を使った水を使って民を支配せよ!

 

ここから分かるのは、この歌詞はユダヤ教から派生して生まれた悪魔教の人達が、ユダヤ教を潰すという意図を込めて作ったということ。

 

それと、水を使って支配するというのは、例えば日本の水道水にはヨーロッパと比較しても5~15倍の塩素が含まれています。

塩素量が多いということは発ガン性のトリハロメタンの発生量もおのずと増えている訳です。

これによって、癌にかかる人が多くなるので、癌ビジネスが大きな収益を上げることができるとうわけです。

なぜ、反ユダヤ勢力が日本にわざわざこんな歌を定着させたのかというところですが、それは、旧約聖書「申命記」28章に書かれた言葉です。

 

主は、あなたと、

あなたが自分で上に立てた王とを、

あなたも、あなたの先祖たちも

知らなかった国に行かせよう。

あなたは、そこで

木や石のほかの神々に仕えよう。

 

主は、地の果てから果までの

すべての国々の民の中に、

あなたを散らす。

あなたも、

あなたの先祖たちも知らなかった

木や石のほかの神々に使える。

 

というものです。

 

これは、ユダヤの民が自らの王とともに、知らなかった国へいき、木や石の他の神々に仕えようというもので、この知らなかった国とは日本のことではないかという推測です。

 

自分たちが信仰する宗教以外は一切認めない、一神教で「神々」という言葉は非常に意味深です。

 

「木や石のほかの神々」とは日本であるというのは一定の信憑性があるのではないかと思います。

 

日本の初代天皇とされている(実際は73代)神武天皇は秦氏だと言われており、その秦氏は実はユダヤ人だと言う説もあります。

 

つまりユダヤ人にとって日本は重要な拠点であり、反ユダヤにとっても相手を潰すためには、その拠点を押さえたいということが考えられます。

 

日本人とユダヤ人の共通点。

 

(1)お風呂に入る前に体を洗う

欧米人いはない。

(2)言葉の共通性

「ありがとう」「さようなら」「悪(ワル)」「憎む」「困る」などはヘブライ語にもあり意味も同じです。
このような共通する言葉は3,000語もある。

(3)カタカタとヘブライ語はとても似ている

 

ヘブライ語を取り入れている実例

●さっさと行きなさい!さっさと→ヘブライ語で「喜ぶ」という意味。

つまり「喜んでいきなさいという意味」

 

●エッサホイサっサ

エッサイ→ヘブライ語で「運ぶ」サッサ→ヘブライ語で「喜ぶ」

「喜んで運びなさい」という意味

 

●はっけよーい、のこった、のこった

相撲のはっけよい、のこった、のこったの意味。

ハッケヨイ→ヘブライ語で「投げつけよ」ノコッタ→ヘブライ語で「やっつけよ」

「投げつけよ、やっつけよ」という意味。

 

など、日本語にはヘブライ語が多く取り入れられています。

 

はるか遠い中東の砂漠の国イスラエルと日本という国の関連性は、まったく教育では全く触れられることはないわけですが、実は多くの共通点があるのです。

 

また神社にはイスラエルマーク六芒星が刻まれているところが多数あります。

 

また食品メーカーのカゴメ株式会社のロゴは1965年ごろまでは「六芒星」でした。

 

天皇家の人々は全員ユダヤ人だという説もあり、これも勉強中です。

 

日本は非常に神秘の国だとつくづく思います。

 

戦争で負けたので、正しい史実が書かれた書物がほとんど破棄されたという事情もあり、日本人本来のアイデンティティと切り離す政策がとられ、精神的な弱体化をなされています。

 

つまり、世界の支配者層にとって非常怖い国に見えているような気がします

コメントは受け付けていません。