リストラになるかもしれない。2人の子供に半年間で200万円を超える学費が…

松田さま、はじめまして、よろしくお願いします。

 

私の悩みは将来訪れるであろう経済的な破綻への不安です。

 

私は恥ずかしい話ですが、50歳を過ぎて貯金もろくにありません。

 

子供が2人います。今年、下の子も大学へと進学しました。

 

奨学金だけでは学費と生活費が足りず、国の教育ローンを利用させていただきました。

 

後3年間はさらに借金を増やしながらの生活が続く見込みです。

 

子供たちには大学に入ったのだからしっかり学ぶことに集中して欲しいという気持ちもありますが、贅沢せずバイトなどで生活資金を貯めていってほしいと伝えてあります。

 

今の私の給与と妻のパートの稼ぎでは大学進学など無理な話しだったんですが、子供たちが勉強している姿をみていると、何とか行かせてあげたい気持ちが強くはたらきました。

 

そして、子供たちにお金のことは心配しなくて大丈夫だからと伝え、背中を押して応援してあげました。

 

しかし、実際に2人合わせて半年間で200万円を超える学費の数字を見ると、

 

本当に乗り切れるのか・・・

借金しまくって卒業まで漕ぎ着けたとしても、返済していけるのだろうか・・・

いつまでまともに働けるかも分からないのに・・・

 

不安は常につきまといます。

 

少し話が変わりますが、長女が消費者金融から借金をしました。

 

涙ながらのごめんなさいと言う言葉に愕然としながらも、理由を聞くと実習があってバイトにあまり入れず、学費が足りなくて借りてしまったと打ち明けてきました。

 

幸い借りた額が少なかったこともあり、話を聞いた後ですぐに完済しましたが、私は「あー・・・」何とも言えない深い深い暗闇を覗いた気持ちになりました。

 

金も無いのに2人も大学なんか行かせるからだと言う方もいると思います。

 

でも、子供たちが未来を切り開くためには教育への投資は大切なことだと考えています。

 

たとえ私や妻が厳しい思いをしたとしても、ここで悪い輪廻を断ち切る必要があると感じています。

 

今、静かに時を待っています。

 

私の能力の問題もあって会社での仕事ぶりがかんばしく無いのと、年齢からいっても、明日にでもリストラの対象になってもおかしくありません。

 

そうなると、さらに生活が困窮するのは明らかです。

 

やっていけるんだろうか・・・」今は追い込まれてる感がめちゃくちゃ強いです。

 

教育費については不条理も感じますし、私と同じ境遇の方も数多くいると思います。

 

金が無いと進学して学びの機会を得られない仕組みもダメだし、奨学金が返せなくて破綻する若者が今後、数多く出てくる可能性が高いのも社会全体の問題かと思います。

 

話にまとまり無くなってきましたね。申し訳ありません。

 

不満や怒りを書くようにとの趣旨からはだいぶズレてしまいました

 

正直、私は後悔も恨みもありません。

 

すべては私のとった行動の積み重ねが、今の私になっているのだから、それは全て受け入れなければならないと考えています。

 

でも、私も人間です。

 

これから先、むざむざ崖から落ちる運命を受け入れることは出来ません。

 

さらに、何とか今の状況を自らの力で脱するだけでなく、経済的なことに囚われない、自由な生活を過ごしたいと熱望しています・・・。

コメントは受け付けていません。