大学四年間は、ネットのオンラインゲームにハマりこんだり、独りで音楽や釣りに

お世話になっております。

 

今回のメルマガでは、成功者は人間関係、部屋もすっきりしていて無駄な物、人間関係がないと学びました。そして、ディテロ効果という無駄使いをしてしまうことについても学びました。

 

私の部屋を見渡すと、使っていない必要のないもの、衣類が数多くあることに気が付きました。早速、最近使っていないものや古いものは、手当たり次第捨てました。今、ちょうど行いました。

 

私は人間関係に甘いところがあり、実際にちょっと仲の良い人と会うと誘いの話を断ることが出来なかったりすることが多いです。そのため、余計な交友関係を持ってしまい、苦しんだ時期がありました。本当は人と遊んだりしたくないからです。

 

正確にいえば、自分のプライベートの時間を非常に大事にしていました。

 

大学前半は特にそうでした。実は大学四年間のうち、一年生の頃はネットでオンラインゲームにハマりこんだり、音楽を一人で聴いたり、一人で釣りに出かけることをしていました。

 

当時から、私のこういう行動を客観的に見て、大人数で行動することが苦手なんだとわかりました。

 

大学後半には、ある本をきっかけにより単独行動が多くなります。話をする仲間も数人程度に絞られていました。

 

ある日、何の本に書いてあったか忘れてしまいましたが、「今一緒に付き合っている人の顔が将来の自分だ」という言葉に出会いました。

 

そして、当時、付き合っている周りの人の顔を思い出し、少しゾッとしたことを覚えています。

 

そのため、それ以降人間関係に少し気をつけるようになりました。

 

最近は松田様のマインドチェンジプログラムの孤独に対する学びにより、人間関係は特にいらないと完全に吹っ切ることができました。

 

本当に大事にしている人以外は、関係を持たないことを意識しています。狭く深くを基本とするイメージです。

 

誰とも、全く付き合わないということではありませんが、何かを得るには何かを捨てるという当たり前の行動をとるために、人間関係を捨てます。

 

会社の人との飲み会は行事以外は全てお断りしています。

 

こうした私を批判する人も多くいますが、私は単独行動が好きなので、特に罪悪感はありません。むしろ、このようなメルマガで成功者の行動特性を学ぶたびに、自分のしていることは間違っていないと感じられます。そのため、どんな批判も気にしていません。

 

私は片付けが得意ではなく、気がついたら物が落ちていることが多いですので、今回のメルマガの内容にある通り、必要のないものを捨てるという行動をこれからもしていきます。

 

本当に先ほど、服や小道具を捨てました。なんだか、気持ちもすっきりする気がします。

 

今回も貴重な学び、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。