葬式で泣いている人は嘘泣き!? 涙を流すのは洗脳の一種だ

私は男性で23歳のニートです。

 

小学生の頃は死ぬことに恐怖を感じませんでした。

 

なんたって自分がいつか死ぬことになるとは思いもしなかったのですから。

 

初めて自分は死ぬんだと自覚したのは中学生の頃です。死ぬことが怖くて怖くて夜も寝れませんでした。

 

死んだら今いる自分はどこにいくのか?

 

そんなことばかり考えていました。

 

死んだらどこに行くのか?ネットで検索しても答えはありませんでした。そんなこと調べても無駄だと分かったとき私は考えるのを止めました。

 

私が高3の時おじいちゃんが死にました。何故か分からないのですが、涙が出ませんでした。周りの人はみんな泣いています。私は悲しくなんかありませんでした。

 

むしろ「ああ、死んだんだ」としか思いませんでした。

 

よく葬式で泣いている人がいますが嘘泣きなんじゃないかと思います。

 

なぜ人は死んだとき涙を流すのでしょうか?

 

私には理解できませんが、涙を流すのは洗脳の一種だと思われます。

 

人間以外の他の動物は家族が死んでも涙を流しません。人間だけが涙を流します。

 

涙を流せば流すほど強くなると言われています。確かにその通りです。

 

泣けばなくほど、泣くのに慣れてきて次第に泣くことが面倒くさくなるでしょう。私も泣くことに意味はなく面倒くさいと思います。

 

泣いたら目の前がぼやけて見えなくなりますよ。

 

交通事故の原因にもなります。

 

私は社会人になってから友達が0人になりました。しかし友達、家族いなくてもいいのです。

 

いないほうが幸せになれます。友達は不幸を呼び寄せます。

 

私が一番つらいと感じることは、外出の際に赤ちゃんを街中で見ることです。

 

何故それが辛いかというと、あの赤ちゃんもこれから辛い人生を歩んでいくんだな~この不景気の中で学校に行って大人になっていって社畜になるんだなと思うと辛いです。

 

ですが赤ちゃんに罪はありません。赤ちゃんは神のプレゼントですから。

 

赤ちゃんは笑顔をよく見せてくれます。大人になると皆、笑顔が消えています。

 

みんな人生が辛いんだと実感できます。私だけが辛いのではありません。

 

人間も動物も植物も生きるのが辛いのです。

 

ヤンキーはよく笑っています。楽しそうですね。楽しく笑う人生が一番いいのかもしれませんね。

 

私は笑うことも面倒くさいので、感情はほぼ0です。怒ったりもせず、泣いたりもせず、笑いもしません。

 

無でいいのです。宇宙が誕生する前は無でしたから。人間も無になるのです。

 

無になれば平和な世界が実現できるでしょう。

コメントは受け付けていません。