プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

生まれつき・コンプレックスの悩み

引っ込み思案。大勢の前で発表は大嫌い。後で、どっと疲れが出て寝込みます

投稿日:

松田様、こんばんは。

 

生まれつきのコンプレックスについてお話します。

 

まずはルックスです。

 

美人で頭の良い姉と比べて見劣りする私は、子供の頃から劣等感を持っていました。

 

私は、姉や兄とは年が離れていたので、家族のアイドル的な存在でしたが、自分がブスなのがとても気になっていました。そのため、学校では大人しくて、どちらかと言えば消極的でした。

 

成績は中、運動神経も中、何もかもが中で、取り柄のない子供でした。

 

おまけに人見知りも激しく、初対面の人とは口がきけませんでした。声が小さいので、国語の音読のときは先生に「もう少し大きな声で読んで!」と、よく注意されました。

 

家が貧乏だったので、友達にバレないようにするのが大変でした。小学生の頃は、給食費の集金日に持っていけなくて後日払ったりしていました。

 

親は精一杯のことをしてくれていたのを知っていましたから、ぐれることもなく良い子でいました。

 

中学生になってから、お弁当を持たせてあげられないから学校を休みなさい、と母親に言われることが多くなり、しばしば学校を休むので、友達に、ずる休みをしているんじゃないかと思われていたことがあります。

 

2年生になったときは給食になったので、学校を休むこともなくなりました。

 

父は全く働かなくなり、代わりに母が夜遅くまで働いて、なんとか高校まで出してもらいました。子供の頃からの貧乏性が染みついているので、その反動が一時的に出たことがありました。

 

高校生の頃は、少し見栄を張っていたように思います。

 

アルバイトをして小金があったのでおしゃれな洋服を買ったり、趣味にお金を使ったりと、親の手助けをするべきなのに自分のためにお金を使っていました。

 

いま振り返って思えば、本当に馬鹿な娘でした。苦労をかけっぱなしだったのに、何にも親孝行をしてあげられなかったのが心残りです。

 

ルックスのコンプレックスはその後、化粧をするようになり少しは解消されました。

 

人見知りについては相変わらずで、いい年をして恥ずかしいのですが、初対面の人は、今も苦手です。

 

引っ込み思案なところもあります。小、中、高と、大勢の前での発表などは大嫌いでした。いまも苦手です。それでもやらなければならない時は、それなりに頑張りますけど、後で、どっと疲れが出て寝込みます。

 

大人になってからは、宴会のお酌が嫌で嫌でたまりません。結婚式や法事、その他なにかにつけてそういう場面が
あり苦痛です。

 

引っ込み思案で恥ずかしがり屋、人見知りは大人になってもなかなか直らないものなのですね。

-生まれつき・コンプレックスの悩み

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.