プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

世界の秘密や陰謀など

58歳で子宮摘出。重いものを持つのを禁止され働く事をリタイアしました

私は朝15分ほど天気予報見るだけでTVは見ませんので政治、経済の事にはあまり詳しくありませんが、ただ
段々と暮らしにくい世の中になって来ていると感じる事は確かです。

 

1、保育園や幼稚園に入園できないため、女性が仕事復帰が出来ない。

2、男性も正社員になれずアルバイトをかけもちしなければ生活が出来ない。

3、若いころから納めてきた年金も思ったより少なく、老後破産が多い

4、きちんと税金を納めていてもエスカレーターのように上がっていく税金、今まで支払った税金は何所へ流れて行っているのでしょう。

5、テレビも新聞も本当のことを言わない日本。私たち国民は不安が募るばかりです。

6、貧富の差が大きくなり子供が食事が出来ず子供に食事をさせてくれる施設があると聞きます。なぜそうなってしまったのか。

日本は豊かな国と言われているけれど一番救うのはそんな子供達と介護の手を必要とされている老後の生活です。

 

この先どんな国に変って私達国民の生活に影響を及ぼすのか暗い未来しか私には想像できません。そんな私も老後破産の1人になりそうです。今から何か対策をしないと60歳となった今足掻いています。

 

結婚後も夫婦共働きで家族の生活のために頑張ってきましたが58歳の時病気になり、子宮摘出の手術をしました。それから重いもを持つのを禁止され働く事をリタイアしました。

 

夫は7歳年上なので年金をいただきながらアルバイトをしていますが生活がやっと出来るぎりぎり生活なのでどちらかが病気になり長期入院などしてしまうとどうなるのかと恐ろしいことを想像してしまいます。

 

夫も67歳、いつまで働けるか、そうなると益々老後破産が深刻な問題になってきます。

 

私達夫婦も後何年生きられるか?

 

せいぜい20年余り老後を穏やかに暮らしてゆくために前に進んで行きたいと考えています。

 

貧富の差が益々とエスカレートしてふるいにかけられている

 

都市伝説、UFOについて

 

都市伝説の話などはユーチューブなどでありますが、この辺の話になると不得意な分野であります。

 

UFOについては、科学的に製造可能と思うので不思議な物と自分では考えていないです。

 

UFOの様なものを一度だけ見たことがあります。

 

果物の缶詰のような形のものが空中で回転し、目隠しをするように蔭ろうのようなものがかかり回転している輪郭だけが薄らと見えていました。

 

こんな話をしても、信じられないと思いますがアレが何だったのか考えてみてもいまだにわかりません。

 

都市伝説の話の方が怖いと思いました。

 

フリーメーソンやヤタガラス、闇の組織など二年前まで仕事をしていたので,そんな事も知らずに懸命に働いていましたから知った時は驚きが大きかったです。

 

無恥というのは悲しいものです。勿論私の事です。

 

この地球には支配層があり世界情勢を動かす組織があるそんな人達は富裕層であり何不住もなく暮らしているようですが残された人々は貧富の差が益々とエスカレートしてふるいにかけられ後は塵芥となる。

 

私もその中に入るのだと思うとなんとも言えない気持ちになります

 

社会が変わっている事はまぎれもない事実ですが、段々と住みにくい世の中になりそうです。

 

北国に住む私は冬の季節こんな光景を見たことがあります。

 

一部の年金生活の方々は冬の暖房費節約のために朝から夜までデパート百貨店のベンチで一日を過ごしお店が閉店したら暖房の入らない自宅へ帰るのだそうです。外は零下、家の中も外と変わらない零下です。雪国の冬は寒いです。

 

そんな老人の姿を国を動かす人達は何も解っていないのでしょう。日本はこの先どうなるのでしょう。

 

死に行く人が多い様な気持ちになります。20年30年後私に想像もつかない社会になっているのでしょう。

 

平和な世界になっていることを望みます

 

30年後、私はもう亡くなっていると思いますが、それまでの間、望む事はデパート老人に出来る事ならなりたくありません。

 

今更何を言うのと言われそうですが最後のあがきをしたいと思います。

 

-世界の秘密や陰謀など

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2020 All Rights Reserved.