プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

先生はいじめ問題を解決できない。解決方法を提案してくれたがいじめが悪化

投稿日:

私は高校3年生の夏から卒業するまでいじめにあっていました。

 

ことの発端はというと、わかりません。

 

なにもしていないとは完全に言えないけど(無意識のうちに傷つけたかもしれないため)、ふつうに学校生活を送っていました。

 

ある日から、クラスメイトT君は私の悪口を陰で言い始めます。陰でといっても、しぐさで明らかにわかりました。私のこと言ってるなと。やがてT君は抑えられなかったのか分かりませんが、クラスメイト中に私の悪口を共有し始めたのです。

 

幸い、クラスの中に比較的仲良しな友達が2.3人いたので、何とか生きてこれました。

 

しかし、いじめはエスカレートするばかりで、ついにMさんという人が私を一斉攻撃するのです。Mさんはクラスを越え、学校中に私の負の人間性を広め、悪口を毎日聞く学生生活へと変貌していきました。

 

1(私)vs100人くらいのいじめ構図が出来上がり、これは勝てない!と思い、我慢の限界。ついに担任にいじめのことについて話しました。

 

しかし、私はわかったのです。先生ではいじめ問題は全く解決できないと。

 

よくテレビでもいじめは取り上げていて、自殺する子もいます。

 

視聴者に、「先生も先生でなんとかできなかったの?」というコメントをする人がよくいるのですが、いじめ問題は先生の介入ごときで簡単に解決はできないことを学びました。

 

まず担任は「もしいじめてる光景を実際に見たら、その子に強く言うから!あとその子に気持ちを言ったほうがいい!」と解決方法を提案してくれました。

 

しかしいざ、いじめが始まっても担任はいないし、私の気持ちを伝えても当然いじめを悪化させる原因になってしまったのです。

 

ここで、もう1つ気づいたことがあります。

 

それは、自立してこれからの世界を生きる力を得る必要があると。

 

わたしは高校卒業後、現在大学に通っておりますが、今の社会・人間を他の人よりもはるかに信用していない自信があります。

 

なにをするにしても、「こいつ実はあんなこと考えてたりして。」みたいなことが絶対頭をよぎるからです。人を信頼できなくなってしまったのです。

 

いじめについては引っ越すという解決が楽で手っ取り早い方法として挙げられていますが、引っ越しにしてもお金はつきものですし、場合によっては両親の仕事にも影響を与えます。 

 

やはり一人で生きる力は子供のころからつけるべきなのかもしれません。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.