プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

生まれつき・コンプレックスの悩み

風呂に2~3時間入って熱唱。もはやフロオケです。スマホでメロディを流し歌います

投稿日:

私の理解されないクセは

 

①風呂に2~3時間入ってしまうこと

自由にいきたいというバカみたいな考え方

③滑舌が悪くなる

 

です。

 

まず①の原因は風呂での熱唱です。

 

カラオケみたいに、スマホで歌詞つきメロディを流しながら歌うんです。もはやフロオケですね。何度もこの習慣はやめよう!と思い、20.30分で風呂をすませる日もあったんですが、ストレスが原因なのか大声で歌いたくなるのです。

 

上がったあと、「こんなに入っちゃたからやるべきことできなくなったー」みたいなアホなことになるんですねえ。

 

でも、20.30分で風呂をすませたときの気持ちよさがハンパでないこともわかっています。のぼせないので、無駄に疲れず、そのままやるべきことにスムーズにとりかかれるという素晴らしさ。最近はうれしいことに、だんだん速風呂にシフトしてきていますね。

 

次の②は自由に生きたいという考え方です。なぜその考え方になったかというと、それは過去のバイトでした。

 

大学1年生の頃だったのですが、毎日バイトとサークルで疲労がきていました。バイトない日はサークルに当てていました。とはいってもほぼバイトでしたが。

 

社員さんと変わらない労働時間で、残業はあたり前。ひどいときは12時間労働も多々ありましたね。私は限界でしたが、それに加え一緒働いてる人を見ていると「このままではダメだ!」と思ってきたんです。

 

毎日朝から晩まで将来の見込みがない仕事をし、帰ってご飯を食べて風呂に入っては寝る。それの繰り返しであっという間に30歳、40歳そして人生の後半へとたどる。

 

私もいずれこうなるのかなと思うと、恐ろしくて、悲しくて、不安で、どうしようかと試行錯誤した結果、自由に生きたいという考え方になっちゃいました。

 

最後が③の滑舌です。

 

友達と話してると、「おまえ何いってるかわからん(笑)」滑舌が悪いから許してといっても、練習しろよ、と言われます。まあ、練習は必要ですが滑舌の問題はなかなかわかってもらえませんね(笑)

 

以上で、終わります。

 

痩せていることがコンプレックス。夏に半袖になるのが嫌

 

私は中学生くらいのころから痩せいることにコンプレックスを持ち始めました。

 

きっかけは友人にガリガリと言われたり、母親にこの子は痩せるとか、食べも太らないのよねぇと話しいるのを聞い自分は痩せんだなぁ、痩せるのはダメなんだなぁとコンプレックスを持つようになりました。

 

夏になると衣替えの季節になり、半袖にならなければならないのが嫌でした。腕を出しると、細っ!と言われその度に年頃の私は傷ついいました。

 

言った本人は傷つけようと思っ言ったのではないと思いますが、そういうことが重なっいくにつれあまり人前に出ることはなくなりました。人の目や外見を気にするようになったのです。

 

水泳の授業がある日なん憂鬱で仕方ありませんでした。筋肉をつけ太ろうと思っ筋トレしましたが、ちょっと筋肉がついたかなという程度。

 

女性には食べも太らないなんうらやましいなんよく言われましたが、せめ標準体重くらいにはなりたかったです。

 

もう今は半分開き直っいますが、人は他人と比べ良し悪しを判断したり、自分にないものを持っる人をうらやましがったり憧れたりするんだなぁと思いました。

 

宇宙で唯一の存在である自分に誇りを持っ生き行こうと思います。

-生まれつき・コンプレックスの悩み

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.