プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

心筋梗塞で父親が急死したがすぐ帰れなかった。夢にでてこないのは親不孝だから?

投稿日:

私が48歳の時、父親が72歳で急死しました。

 

心筋梗塞のため)私は、田舎から一人東京に上京し、離れていましたので、亡くなったと報告がきましたが、仕事の関係ですぐその日に帰れず、一日おいて帰りました。とても親不孝なことしたと思っています。

 

そのためか、父親は一度も夢にでてきてくれません。

 

父は亡くなるその数時間前まで、好きなお酒を飲んで、うたを歌っていたようです。本当の急死でした。一番良い亡くなりかただったのかもしれませんが、近くに住んでいないと、何のサポートもしてあげられないんだと考えさせられました。

 

祖父が亡くなったときも、仕事の関係で、葬式にもでれませんでした。後から、本当に親不幸者だと考えさせられました。

 

8年前に他界した母。生きにくい世の中から解放されて楽に…

 

ここにきてこの課題が書けなくなり少し時間がかかりました。思いだしたくない部分が出てきたので
文章になっているか解りません。

 

14000兆分の1の確率で生命は誕生すると言われていますが数字だけみると神秘的な数字です。

 

自分に子供が授かった時嬉しさも有りましたが不安の方が大きかったことを思いだします。

 

勿論自分達で育てるのですからそこに問題は無いのですがどうしても自分の育った環境や引っ込み思案の性格など重ねてしまう癖があったようで、小学校に入学したらいじめられずに通学できるだろうか?ある程度大きくなったら一人で生きてゆける人間になれるだろうか?など

 

それは自分がそれまで生きて来た多くの出来事を生まれる子に重ねて想像してしまったからなのですが、親ならば誰しも考える事なのかもしれません。多分私の母も考えて子育てをしていたと考えます

 

そんな母も、8年前に他界しました。

 

母の最後に逢う事が出来ませんでしたが本当に辛い時は涙も零れないもので寂しいとか悲しいとかいうよりもこんな生きにくい世の中で自分の一生を頑張って生き抜いてきた母にやっと苦労から解放されて楽になったねと感謝の気持ちでお疲れさまをおくりました。

 

世の中のすべての生き物は生まれ出たら死に向かって歩いて行く仕組みと解っていても死という物に100%理解が出来ない受け入れられない気持ちがあります。

 

受け入れるには人によって違うと思いますが長い時間が必要のようです。

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.