プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

スピリチュアル

魂・命・シードは死んでも生き続けるのか?頭の軽いおばさんが考えてみた!

投稿日:

わたしは スピリチュアルやオカルトなど大好きです。笑

 

タイトル

 

魂・命・シードは死んでも生き続けるのか??頭の軽いおばさんが考えてみた!

 

人​が​死ぬ​時,人間​の​一​部分​を​成す​目​に​見え​ない​もの​が、​体​を​離れ,生き​続ける​と​考え​てられてい​ます。この​信条​が​広く​浸透​し​て​いる、見ることも理解することも出来ない存在ですが、その存在もまあ多少信じています。

 

死んだネコがそばを通った気がするときもあるので

 

1・私が思う魂

 

ヒジュラ暦5世紀の学者アッ=ラーギブ・アル=アスファハーニー

 

「(魂は)生命を与えられた肉体と共にあり、それと共に動き、その周囲のことを感じ取り、知識を得、ある種の意見を有し、善悪を識別する。もし人間が魂を失えば、これらの特質を全て喪失することになり、ただ運搬されるだけの肉体と化してしまう…。それは肉体に属する肉体的特徴と同様、そこに精神的特徴が属しているからなのである。」と唱え

スピリチュアル・ブログ @@@@@さんは、脳をどのような目的で使っているかが「魂」なのです。「脳=魂」と仰っています。

 

あるブロガーさんのブログで「意識、魂は単なる電気信号だと言われる。知覚の全てが脳内の電気信号であるというところで、脳に影響を与える電磁波のようなものなのではないかということ」

 

とどのつまり 私的には 「魂・命」はエネルギーではないかと思ったりします。

 

魂はエネルギーであって意思はないと思っているので、命がなくなった瞬間に魂は生きてきた体験からの個性のみが残る

 

2・シードの存在

 

人間は細胞やら微生物でできている集合有機体。魚も植物も集合有機体死を迎えたとき 集合有機体はバラバラになり、蘇生不可能になる。死んでなくなるものは「意思」。シード=(哲学・理念)

 

私が思う魂とシードの違い

 

植物もシードから集合有機体になり、魚もシードから成り立っている。シードは個性で人間が成型された瞬間からシード哲学・理念が備わっている。と、いうよりも細胞やバクテリアなどの先に哲学・理念が備わったシードの集合体が人間・動物を成型する。

 

魂は肉体に宿るものでシードとは違うような。ひとつの完成系になるまで輪廻転生を繰り返す魂とシードでは目的が違う

 

シード(哲学・理念)は、あらゆる現象と格闘しながら進化していき、新たな理念・哲学を作ることができ、新たな宇宙を作り、進化することができる。

 

宇宙からのバクテリアで人間ができたんですものね。

 

ある本を読んだときに(何の本だったかは失念)

 

「魂は水蒸気のようなもので死後にフワッと身体から抜け出ます。それは水蒸気と同じ様に上昇して天高く上がり、そこで巨大な雲に吸収される。

 

輪廻の流れとしてその魂で出来た雲はやがて雨のように地表に魂の粒を落とす。そしてその粒の大きさによってプランクトンになったり虫になったり人間になったりする。」

 

プランクトンになるのは遠慮したいですが 笑

 

シードもまた 死後に宇宙に戻るとすれば進化したバクテリアが 再度地球に降り落ちてシードの集合体ができ
進化した動物なり人間なりのたくさんの生き物を成型する。

 

シードと魂は別物ですが集合有機体の魂は、死後も「個性」を持ち続け私的には7次元彼方の管轄の場所で次回の輪廻まで残っているものではないかと思っていたりします。

 

終わります

-スピリチュアル

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.