プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

スピリチュアル

原因は石に取り憑いている者!?突然足場から転落し、大けが…あばら骨を骨折

投稿日:

 以前、私が20年前、独身の時に務めていた会社でのお話です。

 

その会社は、社長と奥様そして従業員が十数名の建築会社でした。その、社長の奥様の兄弟に、神仏関係に携わっていらっしゃる方(Aさんとします)がいる関係で、スピリチアルな出来事や、お話は度々ありました。

 

私の記憶に残っている幾つかを、ご紹介します。

 

1つ目

ちょっと怖い話ですが、ある建築中の現場があり、その現場では、若い現場監督さんが担当していました。

 

ある雨が降る日、その若い現場監督さんが、いつもは注意して作業していた筈でしたが、突然、高い足場から転落し、大けがをしてしまったのです。

 

直ぐに病院に運ばれ、私たちも駆けつけましたが、何と、あばら骨が骨折し、肺を突き破った状態だったのです。
本人も激痛のあまり、上半身が起き上がってしまう状況で、看護婦さん達に抑えつけられながら、治療をうけていました。

 

会社の皆も心配しており、何とか命に別条はない、とお医者様から告げられて、安堵しました。(今は元気に働いているようです)

 

ところで、雨の状態での現場作業は良くある話ですし、若い監督と言っても、有る程度の経験はありますので、”どうもおかしい”となり、一度御払いがてら、Aさんに見てもらった方が良い(Aさんは、霊視が出来ます)となり、現場に向かって貰いました。

 

そこに向かう途中、現場近くなると、相当に厭な空気を感じるようになり、現場に到着するなり、「これは、駄目。酷い。この状態だと、事故が起こって当然」と。

 

何が原因かというと、「石」です。

 

なんでも、その施主は「石」が好きで、あちこちに出かけては、気に行った「石」を持って帰る趣味が有るらしく、そこの敷地に、持ち帰った「石」を置いておいて、建物が完成したら、設置しようと思っていたようでした。

 

そういえば・・・と社長がいつも、地鎮祭でお清めの塩を持参するのですが、開始時間より早く到着し準備をするのが習慣なのですが、その現場に限って、何故か遅れて到着した為、お清めが中途半端になっていた可能性がある、と社長が言っていました。(もしかしたら、その「石」に取り憑いている者が邪魔をしたのかもしれない、との事でした)

 

2つ目

「石」に関係するお話をもう一つ。

 

同じその会社の社屋の傍に、子会社の建物があり、以前から、そこの社長を務める人が続かなくて、前任者は行方不明だったりといわくがあり、当時の社長も、精神状態が不安定になった為、辞職することになりました。

 

その建物も古かった事もあり、今回取り壊して、モデルハウスを建てようという事になり、取り壊しはじめたのですが・・・。

 

取り壊した地面の中から、とても大きな石が見つかったのです。それも、ちょうど、社長が座る椅子の真下辺りに。

 

もう、作業したいた社員もビックリで、「もしかしたら、この「石」が原因かも・・?」という話になりました。

 

やはり、「石」は何かしらの物が憑いている場合があるので、あれ以来、出先でいくら綺麗な石が有っても、持って帰ったりしませんし、子供にも「石は持って帰ってはいけない」ときつく言っています。

 

3つ目

やはり、その会社にいた時の話で、何処からかの情報で、「長崎県にある町に、超能力を持つ人が居て、そこは喫茶店でもあるので、店で不思議なものを見せて貰える。それを見ると、固定観念が変わる。」との事で、会社全員で一度見に行ってみよう、と朝、5時会社集合で、車3台で出掛けました。

 

2時間位、車を走らせて、とある地味な喫茶店に到着。そこは、有名らしく、既に何人かが、待っています。(開店は普通に10時だったと思います)

 

確か、整理券などを貰い、時間を潰し、やっと店に入ると、何の変哲もない普通の喫茶店です。

 

超能力を見たい人は、一食何かを注文したらOKと言う事で、皆、普通に注文し、食べ終わった頃から、始まりました。

 

順番は覚えていませんが、直ぐ目のカウンターで、皆が集まって見ている状況です。

 

1.紙のマッチ箱に、垂直にマッチを刺して、突き抜ける。(店主は半そで、マッチ箱は普通の状態だった)

2.蛍光灯を両手で挟み、点灯させる

3.一緒に居た会社の社員の腰痛を指摘(本人驚愕。誰にも言っていなかったのに・・・。)

4.透視(文字を当てる)

 

他もあったかもしれませんが、記憶している事はこれくらいでした。店主は、30代位で、見た目は普通な感じの方でした。まじかで見ましたが、とても不思議な感覚になりました。

 

以上です。

-スピリチュアル

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.