プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

中学のとき同級生が突然一緒に帰ろうと。上級生に囲まれ「生意気」と殴られた

投稿日:

子供のころより、なじめないというか、疎外感を感じることが多かった。幼少のころから、集団で遊んでいても一人だけ疎外されてしまうことがあった。

 

例えば経済的に裕福な誰かによって、自転車などの持ち物で優越感を見せつけられることがあった。

 

そんな時、自分を抑えることができずにその見せつけられた新品の自転車に自分の自転車をぶつけてしまうといったことがあった。そのことにより、追い詰めた人間より追い詰められて取った行動を非難され孤独感を感じていた。

 

また、ある時にはグループに分かれて発表会ということがあった。その時に、自分とあと一人という少人数とその他大勢というグループに分かれてしまったためほとんどの発表資料(その時は紙芝居)を一人で作ることのなった。

 

でも、最後の発表という間際の時にその他大勢のグループで追い出された子が一人いた。決して我々のところに入ってこなかったその子をグループに受け入れて発表を行ったのが、なぜだか印象に残っている。

 

中学に入るとあるとき同級生が突然一緒に帰ることを提案してきた一緒に帰り始めると突然数人の上級生に囲まれてお前は生意気だということで殴られてしまった。

 

後から考えると、一緒に帰ることを提案してきた同級生は上級生に言われてわたくしをおびき寄せたのだということが分かった。それから、当分の間学校の帰り道はおびえて帰ることになった。また、休みの日でも突然出会わないか警戒して過ごす羽目になった。

 

大学生になると運動部に入部したものの周りと会わないために少しづつ浮いてきて最後はわたくしが退部するかどうかという話し合いまで持たれることになった。結局退部しないでよくなったがその時に陣頭指揮を執っていた人間は結局自分が練習がつらくて矛先を向けていたのだった。

 

その時、これから先、会社に入ってもおそらく、はみだしてしまうがその時に辞めないメンタルを鍛える練習だと思って耐えてみようと思いました。

 

卒業するときにその運動部を途中でやめた人間の一人(当時はわたくしを攻撃してきた)が間違っていたのはわたくしではなくこちらだということを言われました。

 

ストレスが大きくなると集団になって弱そうなところに圧力をかけてくるということがあるのだなということがその時、分かりました。おかげで社会人になると楽な環境だなと感じるようになりました。

 

しかし、社会人になっても浮いている自分は相変わらずで、給料を全部つぎ込んでいろいろ好きなことに使ってしまう周りの人たちに違和感を感じました。

 

わたくしは会社組織の中でうまく渡っていく自信がなかったので危機感を持って生きてきました。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.