プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

スピリチュアル

金縛り!?半分起きている(意識があるような)状態で体が天井まで上がっていく…

投稿日:

幽霊らしいものは見たことがないのですが、他の相談内容にも書いたように祖父が亡くなった時に、玄関がピンポンと鳴り、すぐに出たのに誰も居なかった事があり、男の人が亡くなると玄関から、女の人が亡くなると台所からと聞いていたので祖父が私に会いに来たのだな、と今でも信じています。

 

これも書きましたが、家族ぐるみで仲良くしていた友達パパが亡くなった時に告別式でお経を唱えてる時に肩を力強くポンと叩かれて、すぐに振り向きましたが、その様な状況ではなくて、亡くなったパパが私に妻と子供達をよろしく。と伝えたのだと思います。

 

あと、3歳の時に飾っていた日本人形が2歩くらい歩いたのをハッキリと覚えています。

 

20代の頃に乗った飛行機で夜に窓を見ると下には雲があり、そこには星がキラキラしていました。星ってもっと高い位置にあると思うので、この話は人に話したらバカにされるかな?と思ってあまり話したことがありません。

 

でも、一緒に乗っていた母に見せたら「あら本当。なんでかしらねぇ」と言ったので星が見えたのは間違いありません。

 

霊体験ぽい事を思い出しました。

 

小学1年生の時に夜中に目が覚めました。すると横に白い服を着た女の人がボーっと立っているのです。疑いもせずに母だと思い、話したいし動きたいのにどうやっても動かなく、よほど眠いのだと思いました。

 

子供だったのでそれが怖いとも思っていませんでした。

 

大きくなって母に話したら母もその家に住んでいた時に何回も金縛りにあったと言っていました。

 

20歳くらいになってからはよく金縛りにあいました。

 

半分起きている(意識があるような)状態で体が天井付近まで上がっていくんです。このまま地面にドーンと落ちたらどうしよう!と焦る気持ちになります。

 

でも、その後のことは覚えていないんです。ただの夢なのでしょうか。

 

知り合いの話ですが、コンセントを差して触るとつく電気のランプを持っていたそうです。ところが触っていないのに気がつくと電気がついていることが増えたそうです。不気味に思い、コンセントを抜いたそうです。

 

それなのにそのランプはまたついたそうです。その後どうしたかは聞いていません。

 

21才の頃、電車に乗っていたらドアの隅でしゃがんでシクシク泣いている女の子がいました。

 

どうしたのかな?とちょっと気になっていました。姿や格好はまさに女の子でした。

 

終点の駅について降りるとき、女の子も顔を上げたので、チラッと見たらお婆さんのような人でビックリしました。

-スピリチュアル

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.