プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

いじめとは、性格、容姿、その他が劣っていると決め付け自身の高揚を得ること

投稿日:

松田さんこんにちは、@と申します。

 

自分自身の人生に何か変革を起こしたと考え、youtubeの動画を拝見し興味をもったのでこの内容を書いています。

 

さて、今回はいじめに関してということについてですが、私はどちらかといえばいじめられる方でした。

 

幼少期は体格の大きい同級生に脅しをかけられらたことがありますし、自己主張が強くなかったので中学校までは目の前で悪口を言われてもただじっと耐えているというような体験をしてきました。

 

かといって、いじめられる側のみにあらず、大衆意識にとらわれながら同級生の容姿や精神疾患をネタにしていじめを行ってしまったこともあります。当時の同級生には大変申し訳ないことをしたと反省しています。

 

世間一般では、いじめについては、いじめる方が100%悪いということがいわれます。私はこれ自身半分正しく、半分間違っていると思います。

 

たしかに、いじめを行っている者は完全悪といってよいでしょう。自分の欲求のままに人をいじめ、蔑んで心の高揚感や充実感をもつことは、人の道に反しておりそこに自身の成長はないからです。

 

その一方で、いじめられる側にもいじめられる隙があるとも思います。これは、全てのいじめられる人達を対象にしているわけではありません。

 

生まれつきの疾患等がある人がそれをネタにされていじめられることに関しては、加害者側が100%悪いとは思います。

 

ただ、私のように自己主張が苦手で内気な性格の人が、いじめられる場合については被害者側にも他人につけいれられる隙があるのではと考えるのです。

 

人は周りの人と比べて自分が優位にあることを喜ぶものが大半です。いじめとは、他人の性格、容姿、その他諸々が自分よりも劣っていると決め付け、それを蔑むことで自身の高揚を得ることです。

 

しかし、その根本は弱く、自分より劣っていると思っていた人物が実はとても優れていた部分あったのだと認識すると、瞬く間になくなっていくものでもあると考えております。

 

つまり、内気というだけでいじめられるような人々は、自分の能力を分析して他人に負けないような部分を特化して鍛え、そこに自己主張という勇気を兼ねることで他人から一目置かれるようになります。言い換えれば、能力さえ認められればいじめは、なくなっていくものであると考えます。

 

本来人々は助け合い、お互いが良い関係を作りながら成長していくのが理想と考えています。

 

しかし、現実はいじめが起こっています。現代は変化が激しく、その内容も様々になってきています。

 

そうした中で、自分が被害にあわない、また、加害者とならない道を個人個人がよく考えていくべきなのではないでしょうか。

 

以上で今回の内容を終わります。つたない文章ですが、読んでいただき有難うございました。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.