プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

45歳線維筋痛症。首~肩、背中や腰部、臀部、太もも~下肢が常に筋肉痛で頭痛も

投稿日:

・私は、現在45歳ですが、中高年の女性に多く発症します『線維筋痛症』という病気を患いながら、介護員兼事務の仕事をしています。

 

この病気は、検査では異常が出ない「原因不明の痛み」が特徴で、全身の広い範囲にわたって痛みを感じてしまいます。

 

「関節や周囲の骨、筋肉などが痛む病気」という意味でリウマチ性疾患です。

 

しかしリウマチのような関節の腫れや変形はなく、一般の検査では目立った異常はみつけられないのが特徴です。

 

まだあまり名前の知られていない病気で、外見は健康な方と変わりませんので、「詐病」や「怠け病」と偏見な目で見られる方も多いそうです。

 

命に関わる病気ではありませんが、痛みのために日常生活や社会生活に支障が出るほどになることもあります。

 

痛みの箇所や強さは人により異なります。

 

私の症状は、首~肩、背中や腰部、臀部、太もも~下肢が常に筋肉痛となっており、特に頭痛に悩まされています。

 

発症は、33歳頃でした。原因は色々考えられますが、仕事と育児(シングルマザーです)の両立によるストレスと労働、年齢も引き起こしていると思います。

 

幸い、自宅から近くの心療内科で受診した医療機関で理解してもらえたことで、現在まで、どうにか一般の方と同じ生活が続けてこられました。

 

しかし、現在45歳と更年期に差し掛かる時期になり、体中の痛みと頭痛の毎日、仕事面のストレス、貯蓄もできず、老後の生活、近い将来に起きる親の介護と問題が増えていくことが大変心配となってきました。

 

・現在の業務に対する不満・疑問をお伝えします。

 

生活していくには、貯金も含め、給料20万円は必要だと思いますが、現在の会社の一般介護員の基本給は、16万円です。これでは、若い職員は結婚できず、退職せざるを得ません。

 

ご利用者の命をお預かりしているのに、認知症の方から、暴言はかれ暴力され蹴られ噛まれ…

 

私も、男性利用者から器で叩かれ、おでこを裂傷し、痛い思いで今も時々、トラウマとなっています。国ももう少し、現状を把握し、真剣に介護問題に取り組むべきだと思います。

 

認知症という病気だからと施設入所との判断前に精神科で必ず安定剤貰うような法律にしてほしいです。

 

職員を募集しても人が集まらないだけでなく、せっかく採用してもすぐに辞めてしまう。これではいつまでたっても必要な人員を充足できません。      

 

私自身、中学生の息子がいますが、事務の仕事を時間外で残業代もでずに行っており、息子の大事な時期にコミュニケーションが図りずらい状況にイライラしております。

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.