プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

父親を病院付属の高齢者介護施設に入所希望。胃瘻の実施承諾が受け入れ条件

投稿日:

松田 様、お世話になります。ささいなきっかけからこちらのコンテンツにたどり着きました。

 

「独りで成功7ステップ」に応募させていただきます。よろしくお願いいたします。

 

第一ステップ教材請求にあたり「老人介護」について書きます。

 

私の年齢は64歳男性、仕事は士業(社会保険労士事務所)で事務仕事をしております。

 

早いもので私も健康を心配する歳になってしまいました。

 

日本の医療水準は高く多くの人がその恩恵にあずかっているのは間違いないことです。しかし、高齢者介護については決して高い水準ではないと感じています。

 

私の両親も7年前に父親、続いて母親と1年の間に相次いで亡くなりました。

 

父親においては、家庭内ではとても介護できない状態になったので介護施設にお世話にならざるをえなくなりました。

 

父親(要介護度4)は介護施設と病院を行ったり来たりの状態になりました。また母親(要介護度3)は在宅で介護サービスを受けておりました。

 

そこで感じたことは、介護サービスの内容についての不満というよりは、高齢者介護がビジネスの一つになっているということに気付きました。

 

介護が福祉というよりは単なる稼ぎの種になっているのでは、という思いが強く感じた次第です。

 

たしかにすべてのサービスを無償で受けることは不可能でしょう。日本は北欧にあるような完全福祉国家ではないのでそこまでは望みません。少なからず当事者の金銭負担はやむを得ないものと思っています。

 

日本のことわざである「年寄責めるな行く道じゃ、子ども叱るな来た道じゃ」の一つにあるように誰もが通ってきた道であり、またこれから通る道でもあるので国として人としてもっと介護に力を入れることが出来ないものかと常々思っています。

 

ふた言目には高齢者の増加により費用が掛かりすぎるからなんとかしないといけない、財政安定のために手っ取り早く増税や保険料の値上げを安易に実施する。

 

高齢者の増加は今始まったことではなく予測できていたはずであり、何をいまさらという思いです。

 

こんなことがありました。

 

父親がある病院付属の高齢者介護施設に入所希望申請をしたときに先方から下記のような話がありました。

 

高齢者介護施設「食事を自力摂取出来なくなってきたときに胃瘻は実施しますか?」

私「そのときは胃瘻を実施するかしないかは検討させてください」

高齢者介護施設「当施設の方針としては事情がどうであれ胃瘻を実施させていただく条件で入所受け入れをさせていただきますが如何でしょうか?」

私「貴施設の方針はわかりました。一旦意向を持ちかえらせていただき検討させてください。」

高齢者介護施設「状況がどうであれ胃瘻の実施承諾をいただけない限り受入はできません。」

 

あまりにも一方的な入所要件に対して、こんなことってある?

 

たしかに入所者の延命救済を考慮すれば最善の方法かもしれませんが、家族の意向が入る余地が全くないなんてありえません。

 

その後、幸いなことに当方の希望を受け入れてくれる介護施設がありましので、入所させていただきました。

 

こちらの施設では、状態が悪化した時は継続介護治療も可能ですし、家族の希望があれば公立の総合病院への転医もOKですよと快く対応してもらいました。2回ほど救急搬送してもらい公立病院にお世話になりました。

 

とくに在宅介護できない場合は、介護施設に支払うお金は病院とは比べにならないほど高額になります。

 

これから増々老人介護は増えてきます。それに伴って莫大な費用も発生してくるでしょう。だからと言って、安易に増税や保険料値上げをしてはいけないと考えます。

 

とくに老人介護が金儲けの手段にならないように、国が全面バックアップして介護を必要とする老人本人、家族、介護医療機関の三方が相応の利益が得られるような社会システムを構築してほしいものです。

 

介護を受ける多くの老人の方たちも長い間働き日本の発展に貢献してきた人たちであるのは間違いないので、金銭のことは抜きにしてもっと大事に扱っていただいても罰は当たらないでしょう。

 

安心して老後を迎えられる世の中になることを願うばかりです。ごく当たり前に人を人として扱ってくれる世の中になることを願ってやみません。

 

若い世代の私たちもその一端を担わないといけませんね。

 

そういう私も介護のお世話になるかもしれません。その時のためにも自分で介護費用を用意しておかないといけません

 

年金だけではとても賄えません。別収入を得る手段としてインターネットを使った副業を検討しています。

 

もう歳も64歳ということで体力面で現業で稼ぐのは難しいので、何とかインターネットを使って稼ぐスキルを身に付けたいと考えています。

 

老人介護に対するぶつけどころのない怒りでした。

よろしくお願いいたします。

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.